2023年必見!即戦力となる簡単な資格:副業に最適で稼げるスキルを手に入れる方法

ホーム » ビジネス・スキル » 2023年必見!即戦力となる簡単な資格:副業に最適で稼げるスキルを手に入れる方法
まりか | 【近未来ブログ】DXのすこし先へ

【著者名】"まりか"

神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。

外資系大手証券会社で、アナリストとして海外情勢やブロックチェーン技術についての調査・コンサルタント業務に従事。
5年間の業務の後に、AI・ブロックチェーンのベンチャー企業に「マーケティング責任者(CMO)」として参画。

Web3.0、仮想通貨、AI活用などのマーケティング業務を行う。2年前に独立・起業。現在は、在宅で中小企業向け「DXコンサルタント」をしながら、黒猫とのんびり暮らしています。

このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト
引用・参照元リンク集

目次

2023年、あなたを変える資格とは

1. なぜ資格が求められるのか

こんにちは、まりかです。わたしは長い間、Webライターとして活動しています。多くの業界やトレンドを見てきた中で、時代に合わせて変わるスキルニーズについての経験を共有したいと思います。

日本では、企業が人材を採用する際に、具体的なスキルや資格を持っている人を好む傾向があります。日本のリクルートメント調査によると、7割以上の企業が「資格を持つ人材が即戦力となる」と回答。特に、技術系の職種や専門職では、これが顕著です。

世界的にも、特に欧米諸国では、資格がプロフェッショナルの信頼性や専門性を示す証として評価されています。たとえば、アメリカでは「PMP」や「CFA」といった資格は、ビジネス界での地位や給与に大きな影響を与えると言われています。

2. 副業としての資格の価値

近年、日本でも副業が広がってきました。統計によれば、2022年には10人中3人が副業を持っているとされています。副業で成功するためには、特定のスキルや資格が強力な武器となります。その理由は簡単。高収入を求める場合、他の副業者との差別化が必要だからです。

私自身も、Webライターとしての資格やスキルを活かして副業をしています。そして、資格を取得することで平均収入が20%以上アップした経験があります。これは私だけではありません。多くの副業者が、資格を活かして成功しています。

3. 資格の取得を検討する際のポイント

資格を取得する際、重要なのは「その資格が自分の目的やキャリアに合致しているか」という点です。ただ資格を持っているだけでは、それを活かすチャンスが少ないかもしれません。

私が推奨するのは、まず市場のニーズを調査すること。例えば、日本のビジネス界では、最近「データ分析」や「AI関連の技術」の需要が高まっています。また、世界的には「サステナビリティ」や「再生可能エネルギー」に関連する資格が注目されています。

次に、資格取得にかかるコストや時間、そしてその後の収益性を考慮することが大切です。たとえば、資格学校「マンツーマンでプロに学ぶ!」やオンライン学習サービス「Udemy」では、多岐にわたる資格コースが提供されていて、手軽に学べるものも多いです。


このように、資格は2023年にも引き続き、私たちのキャリアや副業における強力な武器となります。次の章では、実際にどの資格が人気で、どれが最も効果的なのかを詳しく見ていきましょう。

2023年必見!即戦力となる簡単な資格10選

1. データ分析のプロフェッショナルとして

データサイエンティスト認定資格
日本でも企業のデータ活用が進む中、データサイエンスのスキルはますます重要になってきました。この資格は、データの収集から分析、解釈までの一連の流れを学べます。平均的に、この資格を持つデータサイエンティストの給与は非保有者に比べて30%上昇すると言われています。

2. AI技術のスペシャリストとして

TensorFlow Developer Certificate
Googleが提供するこの認定は、AIの分野で最も注目されているDeep Learningフレームワーク、TensorFlowの専門家として認定されます。世界の大手企業、例えばSONYやPanasonicでは、この資格を持つエンジニアを積極的に採用しています。

3. サステナビリティの専門家として

サステナビリティ認定資格
世界的な環境問題の高まりと共に、企業のサステナビリティ活動は重要視されています。この資格を取得することで、環境や社会貢献活動のプロジェクト管理能力が証明されます。日本の大手企業、トヨタやホンダも、サステナビリティの専門家を求める声が高まっています。

4. プロジェクト管理のエキスパートとして

PMP (Project Management Professional)
私もこの資格を取得しており、プロジェクト管理のスキルが格段にアップしました。世界中の企業がPMPを重視しており、特に日本の建設業界やIT業界では、この資格を持つプロジェクトマネージャーが非常に重宝されています。

5. グローバルビジネスのエキスパートとして

TOEIC 900点以上
英語の能力を証明するTOEICのスコアは、グローバルに活躍するビジネスパーソンにとって欠かせないもの。特に900点以上は、国際的なビジネスの場でのコミュニケーション能力があると認められます。私の知人も、TOEICのスコアアップにより、海外赴任のチャンスが増えたと話しています。


2023年、これらの資格を持つことで、あなたのキャリアや副業の選択肢は大きく広がるでしょう。次の章では、資格取得のための効果的な学習方法や、成功するためのコツを深掘りしていきます。お楽しみに!

資格取得への道!効率的な学習法と成功の秘訣

1. ターゲット設定の重要性

まずは、目指す資格を明確に定めること。わたしは、以前にある資格の学習を始めたものの、中途半端になってしまった経験があります。その原因は、目標が曖昧だったから。具体的な目標を持ち、それに向かって努力することで、学習のモチベーションが維持されるのです。

2. 日常の学習習慣の形成

「毎日10分でもいいから学習する」という習慣を形成することが大切です。私がWebライターの資格を取得した際、毎日のコンスタントな学習が大きな成果をもたらしました。スマホの学習アプリや、Udemyのようなオンライン学習サイトを活用すると、隙間時間も賢く使えます。

3. 専門家や先輩からのアドバイスを活用

実際に資格を持っている人のアドバイスは非常に価値があります。彼らの経験をもとに、効果的な学習方法や試験の対策など、具体的なアドバイスを得ることができます。私も、先輩からのアドバイスを受けながら学習を進めることで、短期間での資格取得に成功しました。

4. モックテストや模擬試験を積極的に利用

試験に合格するためには、実際の試験の雰囲気や問題の傾向を知ることが重要です。私は、PMPの取得時に数多くの模擬試験を受け、弱点を洗い出しました。日本国内の資格学校や、オンラインサイトで多数の模擬試験が提供されていますので、ぜひ活用してください。

5. 試験当日の心構えと対策

資格取得のための学習は、マラソンに似ています。長い時間をかけて準備してきたのですから、試験当日は最高のパフォーマンスを発揮したいもの。私は、試験の一週間前からは新しい情報を摂取しないようにし、リラックスする時間を増やしました。試験当日は、十分な睡眠をとり、朝食をしっかり摂ることを心がけました。


資格取得は決して簡単な道のりではありませんが、適切な学習法と心構えで、確実にそのゴールに近づくことができます。

資格を活かして!副業やキャリアの展開方法

1. 副業としてのフリーランス活動

資格を手に入れることで、専門家としての価値が増します。特に、Web関連の資格やデータ分析、AI技術などは、フリーランスとしての活動がしやすい分野です。私の知人は、データサイエンティスト認定資格を持って、フリーランスとして活動し、月に50万円以上の収入を得ています。クラウドソーシングサイト、例えばランサーズやクラウドワークスを利用すると、多くの依頼を見つけることができます。

2. 企業でのキャリアアップ

多くの企業は、資格を持つ人材を評価します。特に、グローバルに活動する企業では、TOEICの高得点者やPMP保持者は高く評価される傾向があります。資格を活かして、キャリアアップを目指すことは十分可能です。私の以前の同僚は、PMPの資格を持ち、プロジェクトマネージャーとして大きなプロジェクトを任されるようになりました。

3. 教育・指導者としての活動

資格を持っていると、その知識を他者に伝えることもできます。たとえば、英語の資格を持っていれば、プライベートレッスンやオンラインサロンでの指導が可能です。私も、Webライターとしてのスキルを活かし、オンラインセミナーを開催することで、収入の一部を得ています。

4. 起業や独立への第一歩

資格は、起業や独立を考えている方にとって、信頼性を持たせるツールとなり得ます。サステナビリティ認定資格を持つ友人は、エコロジー関連のコンサルティング会社を設立し、多くのクライアントから相談を受けています。

5. ネットワークの構築

資格を持つということは、同じ興味・目標を持つ人たちとの繋がりも増えることを意味します。私も資格取得の過程で、多くの専門家や志を同じくする仲間たちと出会い、今でもその繋がりは大切にしています。


資格を取得することで得られるメリットは計り知れません。それを最大限に活かすためには、具体的な行動計画や継続的な努力が必要です。

資格を維持し、さらにスキルアップを目指す方法

1. 定期的な更新と再認定

多くの資格は、一定の期間が経過すると更新が必要となります。例えば、IT分野の一部の資格や医療関連の資格は、最新の情報や技術を学ぶ必要があります。わたしも、Webライターとしてのスキルを維持するため、定期的にセミナーやワークショップに参加しています。

2. 資格取得後の継続学習

資格取得は一つのゴールですが、それ以上に大切なのはその後の継続学習です。日本の語学学校やオンラインプラットフォームのCoursera、edXなどを利用して、常に最新の知識や情報を学び続けることが大切です。

3. 実務経験の積み重ね

資格の知識を実際の現場で活用することで、そのスキルはさらに深まります。私の知人は、マイクロソフトの認定資格を取得後、実際のITプロジェクトに参加し、その経験を通してスキルアップを果たしました。

4. 同じ資格を持つ仲間との交流

同じ資格を持つ仲間との交流は、新しい情報や知識の共有、さらにはモチベーションの維持にも繋がります。日本では、多くの資格に関するコミュニティや勉強会が存在します。また、LinkedInなどのSNSを活用して、グローバルなネットワークを築くこともおすすめです。

5. 関連資格の取得

一つの資格を取得したら、次は関連する資格の取得に挑戦することで、更なるスキルアップを図ることができます。例えば、プロジェクトマネージメントの資格を持っているなら、次にリスク管理の資格を目指すなど、専門性をさらに深めることができます。


資格を持つことは、あなたの専門性や信頼性を示す証明です。しかし、その後の努力や経験を積むことで、その価値はさらに高まります。

資格を活かした副業戦略と成功の秘訣

1. 資格の市場価値を正確に把握する

まず最初に、あなたが取得した資格の市場価値を知ることが大切です。資格ごとに求められるニーズや対価は異なるため、情報収集は欠かせません。例えば、日本の一部の資格は、国外ではあまり知名度がないかもしれませんが、その逆もまた然りです。

2. ニッチな分野をターゲットにする

大手企業や一般的な分野では競合が多く、突出するのが難しいことがあります。しかし、ニッチな分野や特定の業界に特化したサービスを提供することで、高い収入を得やすくなります。私の友人は、日本の伝統文化に関する資格を活かし、外国人向けのオンラインセミナーを開催。その独自性から多くの収益を上げています。

3. オンラインプラットフォームを最大限利用する

近年、UpworkやFreelancerなどの国際的なフリーランスのプラットフォームが盛り上がりを見せています。これらのサイトを活用することで、世界中のクライアントと繋がることができ、資格を最大限に活かすチャンスが広がります。

4. パーソナルブランディングの重要性

資格を持つだけではなく、それをどうアピールするかも重要です。自身のブログやSNSを活用し、自分の専門知識や経験を発信することで、多くのクライアントからの信頼を獲得できます。

5. 定期的なスキルチェックとアップデート

技術や市場のトレンドは日々変わっていきます。その変化に合わせて自身のスキルや知識をアップデートすることが大切です。私も、新しいWeb技術やSEOのトレンドに合わせて、常に最新の情報をキャッチアップしています。


副業として成功するためには、資格だけでなく、その後の戦略やアプローチが非常に重要です。最後の章では、これまでの情報を総括し、あなたが資格を最大限に活かすためのステップをお伝えします。お楽しみに!

資格を活かし、成功へのステップを踏むための具体的なアクション

1. 自身の強みや目指す方向性を明確にする

資格を持っているだけでは十分ではありません。あなたの強みや独自性は何か?どんな分野や業界でその資格を活かしたいのか?この2つの質問に答えることから始めましょう。わたしも、Webライターとしての方向性を定める際、自分の得意分野や興味をベースにしました。

2. 継続的な情報収集とネットワーキング

業界の最新情報やトレンドをキャッチアップするために、セミナーやワークショップへの参加は欠かせません。また、同業者や異業種の人々との交流を通じて、新しいアイディアやビジネスチャンスを見つけることができます。

3. 実践を通じた経験の蓄積

資格知識だけでなく、実際の経験を積むことが、スキルの定着や成長に繋がります。私は過去に数多くのWeb記事を書き、そのフィードバックを元に、日々改善と学びを繰り返してきました。

4. 定期的な自己評価と目標設定

自分の進捗やスキルのレベルを定期的に評価し、新しい目標を設定することで、モチベーションを維持し続けることができます。年に一度は自分自身と向き合い、次のステップを考える時間を持つことをおすすめします。

5. 積極的なフィードバックの収集

自分のサービスや提供内容に関するフィードバックを、顧客や同業者から積極的に収集しましょう。それを元に、サービスの改善や新しいアイディアの創出が可能となります。


資格は、あなたのキャリアや副業における大きな武器となること間違いなし。しかし、その資格をどう活かし、どういう戦略で市場に打って出るかが、成功のカギとなります。この記事を通じて、2023年に向けた新しいステップを踏み出す参考になれば幸いです。皆さんの成功を心から応援しています!

よくある質問と答え


Q1: 資格取得後、すぐに副業として稼ぐことは可能ですか?

A1: 資格取得は大きなアドバンテージになりますが、すぐに稼ぐことができるかは、その資格の種類や市場のニーズ、そしてあなたの実践経験やブランディング方法による部分が大きいです。資格を活かして実践経験を積み、顧客へのアピール方法を工夫することで、収入を得るチャンスは増えます。


Q2: 資格取得の際、オンライン学習とリアルの学校、どちらがおすすめですか?

A2: それはあなたの学びやすいスタイルや生活スタイル、そして取得したい資格の種類によります。オンライン学習は場所や時間に縛られず、自分のペースで学べる利点があります。一方、リアルの学校では実際の実技や対面でのフィードバックが得られることが多いです。両方のメリットを比較して、自分に合った方法を選ぶことが大切です。


Q3: 資格を最大限に活かすためには、どのようなプロモーション活動が効果的ですか?

A3: SNSやブログを使った情報発信、オンラインセミナーやワークショップの開催、そして業界のネットワーキングイベントへの参加などが考えられます。特に、自身の専門知識や経験を具体的なコンテンツとして発信することで、信頼性や認知度を高めることができます。


Q4: 資格の市場価値が下がることはありますか?

A4: はい、市場のニーズや技術の進化により、ある時期に高いニーズがあった資格でも、時とともにその価値が下がることがあります。定期的な市場の動向のチェックと、新しいスキルや知識の追求が必要です。


Q5: 一つの資格だけでなく、複数の資格を取得することは推奨されますか?

A5: 複数の資格を取得することで、より幅広い分野での活動が可能となり、ビジネスチャンスも増えることが考えられます。ただし、それぞれの資格の知識やスキルを維持・更新するための努力も必要となりますので、自身のキャパシティや目指す方向性を考慮して判断することが大切です。


まとめと感想

今回、2023年に注目の資格とその効果的な活用方法について深く探ってきました。資格はその持ち主に専門性や信頼性をもたらし、特に副業としての活動の際には大きなアドバンテージとなります。しかし、資格だけがすべてではありません。それをどのように市場にアピールし、どう活用していくかが、真の価値を生む鍵となります。

わたし自身、Webライターとして活動する中で、専門的な知識や経験がどれほど価値を持つかを実感してきました。資格やスキルを持つことは、その道のプロフェッショナルとしての認識を得るための第一歩。しかし、それを継続的に磨き、時代の変化や市場のニーズに合わせて進化させていく姿勢が、長期的な成功への道となるでしょう。

この記事を通じて、読者の皆様が新しいスキルや資格の取得を検討する際の一助となれば嬉しいです。そして、これからの時代を、より高いスキルと専門知識を武器に、輝かしい成果を上げていくことを心から願っています。

このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト

日本銀行
ホーム : 日本銀行 Bank of Japan
内閣官房
内閣官房ホームページ
内閣官房のホームページです。内閣の補助機関であるとともに内閣の首長たる内閣総理大臣を直接に補佐・支援しています。
経済産業省
経済産業省のWEBサイト (METI/経済産業省)
経済産業省のホームページです。経済産業省の組織、大臣会見、報道発表、政策、審議会・研究会、所管法令、予算・税制、統計、申請手続きなどに関する情報を掲載しています。
総務省
総務省
総務省の政策(行政運営の改善、地方行財政、選挙、消防防災、情報通信、郵政行政など)、組織情報、所管法令、報道資料、会議資料等を掲載しています。
財務省
財務省ホームページ
財務省トップページ
総務省
法務省
法務省の報道資料、会議資料等を掲載しています。
法務省
外務省ホームページ(日本語):トップページ
文部科学省
文部科学省
厚生労働省
ホーム|厚生労働省
厚生労働省の取り組んでいる政策情報、報道発表資料、統計情報、厚生労働白書について紹介しています。
農林水産省
農林水産省ホームページ
農林水産省ホームページ
国土交通省
国土交通省
国土交通省の任務、報道発表資料、政策、統計情報、申請・手続きに関する情報を掲載しています。
環境省
トップ
環境省のホームページです。環境省の政策、報道発表、審議会、所管法令、環境白書、各種手続などの情報を掲載しています。
防衛省
Just a moment...
金融庁
金融庁
金融庁の公式ウェブサイトです。金融庁の組織、報道発表、政策・審議会等、所管法令等に関する情報、広報誌「アクセスFSA」などを掲載しています。
中小企業庁
中小企業庁 / The Small and Medium Enterprise Agency
中小企業庁は、現在事業活動を行っている中小企業、これから事業を起こそうと思っている方々を、様々な角度から支援する対策を展開しております。
国税庁
国税庁
デジタル庁
404 デジタル庁
指定されたページまたはファイルは存在しません
財務省財務局
財務局ホームページ : 財務局
財務局ホームページ
Board of Governors of the Federal Reserve System(FRB)
Home
TheFederalReserveBoardofGovernorsinWashingtonDC.
政府広報オンライン
政府広報オンライン あしたの暮らしをわかりやすく
政府の広報・広聴活動をまとめたポータルサイト。内閣府大臣官房政府広報室が運営。
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫(略称:「日本公庫」)の公式ホームページ。民間金融機関の取組みを補完し、事業に取組む方々等を支援する政策金融機関です。
日本証券業協会
日本証券業協会
投資信託協会
投資信託協会 - 投資信託協会
公益財団法人 日本ユニセフ協会
SDGs CLUB |日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)
親子で学べるSDGs(持続可能な開発目標)サイト「SDGsCLUB(クラブ)」。各目標ごとにターゲットの子ども訳を読んだり、関連する課題をムービーやインフォグラフィックスで学ぶことができます。調べ学習や学校の授業にもご活用ください。
一般社団法人 全国銀行協会
一般社団法人 全国銀行協会
全国銀行協会(全銀協)のウェブサイトです。全銀協は、日本国内で活動している銀行を直接の会員とする組織で、わが国の銀行業界の代表として、銀行業の発展のためにさまざまな活動をしています。
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)
一般社団法人日本暗号資産取引業協会は、暗号資産交換業及び暗号資産関連デリバティブ取引業の自主規制団体であり、資金決済法に基づく「認定資金決済事業者協会」と金融商品取引法に基づく「認定金融商品取引業協会」を兼ねております。
国民生活センター
国民生活センター
・Wikipedia
Wikipedia
朝日新聞
朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト
朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境などの話題や写真も。
読売新聞
読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト
【読売新聞】読売新聞オンラインは読売新聞のニュース・情報サイト。社会、スポーツ、政治、経済、国際などの最新ニュースや教育、医療などの読み物、映像ニュースも充実。ポケモン、発言小町、クーポンやプレゼントも。2019年2月にYOMIURIONLINEからサイト名を変更しました。
毎日新聞
毎日新聞デジタル | 毎日新聞のニュースサイト
毎日新聞デジタルは毎日新聞のニュースサイト。政治、経済、国際、事件、話題、スポーツなどの速報、写真、動画を掲載しています。
日本経済新聞
日本経済新聞 - ニュース・速報 最新情報
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。
東洋経済
東洋経済オンライン
東洋経済が運営する日本最大級のビジネスニュースサイト。東洋経済オンラインはビジネス、経済ニュース、就職情報など、ビジネスパーソンのための情報が充実。
ウォール・ストリート・ジャーナル:WSJ
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 -ニュース-ビジネス-海外-経済-金融 - WSJ日本版-jp.wsj.com - Wsj.com
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、米国版の記事から厳選した金融・経済の情報を、日本の編集チームが翻訳・編集。これまで英語でしか読むことができなかった分析記事や鋭い論説を日本語で、リアルタイムにお届けします。
ロイター
ロイター |  経済、株価、ビジネス、国際、政治ニュース
世界の政治、経済、社会についての最新ニュースを、豊富なコンテンツと共に多面的に展開。エンタメ、スポーツに加え、世界の文化やライフスタイルについて注目の情報が満載です。
bloomberg:ブルームバーグ
Bloomberg.co.jp
世界の最新金融ニュース、マーケット情報、市場の分析や、マーケットデータ、金融情報をご提供しています。株式、投資信託から、世界各国の株価指数、金利/債券、商品先物など最新のマーケット情報を掲載。ブルームバーグ
ethereum.org
ホーム | ethereum.org
イーサリアムは、貨幣と新しい種類のアプリケーションのための包括的かつ分散化されたプラットフォームです。イーサリアム上では、貨幣を制御するコードを書いたり、世界のどこからでもアクセス可能なアプリケーションを構築できます。
野村証券
野村證券|資産運用のご相談、株式・投資信託・債券をはじめ資産運用コンサルティングの証券会社
国内最大級の総合証券、野村證券では、株式や債券をはじめとする豊富な取扱商品、相続や退職金の資産運用コンサルティング、役立つ投資情報、初めての投資のサポートなど、充実したサービスをご提供しています。
Goldman Sachs:ゴールドマン・サックス
Goldman Sachs
TheGoldmanSachsGroup,Inc.isaleadingglobalinvestmentbanking,securitiesandinvestmentmanagementfirmthatprovidesawiderangeoffinancialservicestoasubstantialanddivers...
JPモルガン
J.P. Morgan | Official Website
理化学研究所
理化学研究所
理化学研究所は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、計算科学、生物学、医科学などに及ぶ広い分野で研究を進めています。
AIST:産業技術総合研究所
AIST: 産業技術総合研究所
産総研は、技術の創出と実用化で社会課題の解決に取り組む、日本最大級の研究機関です。
NICT:情報通信研究機構
NICT-情報通信研究機構
国立情報学研究所
国立情報学研究所 / National Institute of Informatics
国立情報学研究所は、情報学という新しい研究分野での「未来価値創成」を目指すわが国唯一の学術総合研究所として、ネットワーク、ソフトウェア、コンテンツなどの情報関連分野の新しい理論・方法論から応用展開までの研究開発を総合的に推進しています。
国立環境研究所
国立環境研究所
国立研究開発法人 国立環境研究所(NIES)からの新着情報をお知らせします。国立環境研究所は今も未来も人びとが健やかに暮らせる環境をまもりはぐくむための研究によって広く社会に貢献します。
人工知能研究センター
ホーム | 人工知能研究センター
東京大学
東京大学
東京大学のオフィシャルサイトです。大学案内、学部・大学院等の紹介、研究活動、国際活動、入学案内等、東京大学の情報をご覧いただけます。
京都大学
京都大学
京都大学のオフィシャルサイトです。学部・大学院、研究所等の案内や、入試・入学案内、教育研究活動、キャンパスの最新情報など、京都大学に関する情報をご覧いただけます。
慶應義塾大学経済学部
慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科
慶應義塾大学経済学部の公式サイト。カリキュラムの紹介、教員紹介、研究紹介、就職実績紹介、三田・日吉キャンパス、入試情報など。
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所は21世紀の先端研究をリードする研究拠点として、未来へ貢献するために日々さまざまな研究活動を行っております。
Google
Google
世界中のあらゆる情報を検索するためのツールを提供しています。さまざまな検索機能を活用して、お探しの情報を見つけてください。
Microsoft
Microsoft – クラウド、コンピューター、アプリ & ゲーム
ご自宅やビジネスでご利用いただけるMicrosoft製品とサービスをご覧ください。Surface、Microsoft365、Xbox、Windows、Azureなどをご購入いただけます。ダウンロードやサポートもご用意しています。
Amazonジャパン
Amazon.co.jp
Meta
Meta | ソーシャルメタバース企業
Metaは、テクノロジーと没入感あふれるエクスペリエンスを通じて、人々、コミュニティ、ビジネスがつながってもっと多くのことを成し遂げられるよう支援します。
Apple
Apple
革新に満ちたAppleの世界へようこそ。AppleのウェブサイトではiPhoneからiPad、AppleWatch、Mac、AppleTVまで、すべての製品の購入ができます。アクセサリやエンターテインメントを探す時も、専任スペシャリストによるデバイスのサポートが必要な時もこのサイトでどうぞ。
テスラ:Tesla
https://www.tesla.com/ja_jp
NDIVIA
AI コンピューティングで世界をリードする
NVIDIAは世界最速のスーパーコンピューターと世界最大のゲーミングプラットフォームを開発しています。
Intel
インテル | データセンター・ソリューション、IoT、PC イノベーション
クラウド・コンピューティング、データセンター、IoT、PCソリューションにおけるインテルのイノベーションが、日常のスマート・コネクテッドなデジタル環境を支えています。
NTT:日本電信電話株式会社
NTT / NTTグループ | 日本電信電話株式会社
NTTグループ公式ホームページ。ドコモ、東日本、西日本、データ等の国内、グローバル、持株会社を含むNTTグループ全体のビジョン、経営戦略、サステナビリティ、研究開発の最新技術、災害対策、社会貢献活動、ニュースリリース、投資家情報(IR情報)や各種レポートなどをご覧いただけます。
富士通
富士通 | Fujitsu Limited
OurPurpose:わたしたちのパーパスは、イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくことです。
株式会社サイバーエージェント
株式会社サイバーエージェント
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、新しい未来のテレビ「ABEMA」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。
電通
電通ウェブサイト
株式会社電通のウェブサイトです。会社や事業の概要、採用関連情報、サステナビリティへの取り組みなどをご紹介いたします。
ソフトバンクグループ
ソフトバンク
ソフトバンクの公式ホームページです。スマートフォン、携帯電話をはじめ、インターネット、固定電話、でんき、ロボットなどライフスタイルを豊かにする各種サービスやソフトバンクショップ、サポート、企業・IR情報などをご紹介します。
株式会社 ファーストリテイリング
株式会社 ファーストリテイリング
IBM
日本IBM
IBMは、あらゆるお客様の目標達成に向けた取り組みを支援し、世界にとって重要なイノベーションを1世紀以上にわたり生み出してきました。
野村総合研究所:NRI
NRI 野村総合研究所
野村総合研究所(NRI)の公式ホームページです。NRIからの提言や調査・レポート、商品サービス、ITソリューション事例、IR情報、採用情報、サステナビリティ情報などを掲載しています。
三菱総合研究所:MRI
三菱総合研究所(MRI)
三菱総合研究所(MRI)グループは、総合シンクタンクとして、経済・経営、政策・科学技術などの研究・提言から、分析・構想、設計・実証、そして社会実装まで、幅広い価値を提供しています。豊かで持続可能な未来の共創を使命として、社会課題を解決し、社会の変革を先駆けてまいります。
bitFlyer
https://bitflyer.com/ja-jp/
ブロックチェーン推進協会:BCCC
BCCC - ブロックチェーン推進協会
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会
JBA | 一般社団法人 日本ブロックチェーン協会 | Japan Blockchain Association
ブロックチェーン技術の健全な普及、発展に貢献するために2014年に設立された業界団体です。日本の業界をリードするブロックチェーン開発企業やスタートアップ、大企業、地方自治体など多様なメンバーが会員になっています。
OpenAI
OpenAI
IntroducingSora:Creatingvideofromtext
このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト
引用・参照元リンク集
タイトルとURLをコピーしました