リップルの誕生から現在まで: 驚きの価格推移とその背後にある物語

ホーム » リップル » リップルの誕生から現在まで: 驚きの価格推移とその背後にある物語
まりか | 【近未来ブログ】DXのすこし先へ

【著者名】"まりか"

神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。

外資系大手証券会社で、アナリストとして海外情勢やブロックチェーン技術についての調査・コンサルタント業務に従事。
5年間の業務の後に、AI・ブロックチェーンのベンチャー企業に「マーケティング責任者(CMO)」として参画。

Web3.0、仮想通貨、AI活用などのマーケティング業務を行う。2年前に独立・起業。現在は、在宅で中小企業向け「DXコンサルタント」をしながら、黒猫とのんびり暮らしています。

このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト
引用・参照元リンク集

まりか
まりか

この記事の要約です♫

リップルの誕生から現在までの歴史と価格推移、その背後にある物語を初心者向けに徹底解説。技術革新と金融機関との提携、将来の展望についても詳しく解説します。

仮想通貨の世界には数多くのコインやトークンがありますが、その中でも特に注目される存在の一つがリップル(XRP)です。リップルは、その技術的な特徴やユニークなビジョンから、多くの投資家や金融機関に支持されてきました。本記事では、リップルの誕生から現在までの歴史を振り返り、その価格推移や背後にある物語を初心者の方にもわかりやすく解説していきます。私自身、ブロックチェーン技術や仮想通貨に関する経験を元に、リップルがどのようにして現在の地位を築いてきたのか、その背景や将来の展望についても詳しくお話しします。リップルの魅力や課題について、一緒に学んでいきましょう。

目次

第一部: リップルの誕生とその背景

リップルの誕生

リップル(XRP)は、2004年にライアン・フガー(Ryan Fugger)によって初めて考案されました。彼は、金融機関を介さずに個人間で直接取引ができる分散型のデジタル通貨システムを構築することを目指していました。リップルのアイデアは、ビットコインが登場する前から存在していたため、非常に先進的なものでした。

しかし、リップルの実際の開発は2012年にジェド・マカレブ(Jed McCaleb)とクリス・ラーセン(Chris Larsen)の手によって本格的に始まりました。この時、リップル・ラボ(現在のリップル社)が設立され、リップルのプロジェクトが進化し始めました。

リップルの技術的特徴

リップルは、他の仮想通貨と異なり、ブロックチェーン技術を基盤にしていません。その代わりに、リップルは「リップルネット」という独自の分散型台帳技術(DLT)を使用しています。このリップルネットを利用することで、銀行や金融機関は迅速かつ低コストで国際送金を行うことができます。

リップルネットの主要な技術には「XRPレジャー」と呼ばれる分散型台帳と、リップル社が開発した「インターレジャー・プロトコル」が含まれます。これにより、異なる通貨間の取引がシームレスに行えるようになります。

リップルのユースケースと導入事例

リップルは主に銀行や金融機関による国際送金の迅速化とコスト削減を目的としています。そのため、リップルネットを採用する金融機関が増えています。例えば、日本のSBIホールディングスは、リップルと提携し、国際送金サービス「SBIリップルアジア」を提供しています。このサービスにより、日本と他国間の送金が迅速かつ安価に行えるようになりました。

また、アメリカの大手銀行であるPNC銀行もリップルネットを利用しており、企業顧客向けの国際送金サービスを提供しています。これにより、従来の国際送金に比べて、時間とコストが大幅に削減されました。

リップルの価格推移の始まり

リップルの価格は、2012年のリリース当初は非常に低く、1XRPあたり数セント程度でした。しかし、リップルネットの普及とともに、その価値は徐々に上昇していきました。特に、2017年から2018年にかけての仮想通貨バブルの影響で、リップルの価格は急騰し、一時期は1XRPあたり3ドルを超えることもありました。

この価格上昇の背景には、リップルの技術的な優位性と、それを評価する金融機関の増加が大きく影響しています。リップルが提供する国際送金の効率化は、多くの企業にとって大きなメリットとなり、その結果としてXRPの需要が高まったのです。

私の経験とリップルの魅力

私がリップルに初めて注目したのは、外資系証券会社でアナリストをしていた時です。当時、仮想通貨市場はまだ黎明期で、多くの通貨が試行錯誤を繰り返していました。その中で、リップルの技術的なアプローチと明確なユースケースは非常に魅力的でした。

リップルの最大の魅力は、そのスピードとコスト効率です。従来の銀行送金が数日かかるのに対し、リップルを利用すれば数秒で完了します。これにより、国際ビジネスのスピードが劇的に向上し、コストも削減されます。

まとめ

リップルは、その誕生から現在まで、技術革新と実際のユースケースの普及により、仮想通貨市場で重要な位置を占めています。次の部では、リップルの価格推移とそれに影響を与えた要因について詳しく見ていきます。リップルの過去の歩みを理解することで、将来の展望も見えてくることでしょう。

第二部: リップルの価格推移とその要因

リップルの価格推移の歴史

リップル(XRP)の価格推移は、仮想通貨市場の動向と密接に関連しています。リップルの価格は、2012年のリリース当初は非常に低く、1XRPあたり0.005ドル以下でした。その後、リップルネットの技術が評価されるにつれて、徐々に価格が上昇していきました。

2013年から2016年

2013年から2016年の間、リップルの価格は比較的安定していました。この期間は、リップルの技術が徐々に認知され、金融機関との提携が進んだ時期です。しかし、仮想通貨市場全体がまだ成熟していなかったため、大幅な価格変動は見られませんでした。この時期のリップルの価格は、1XRPあたり0.01ドルから0.05ドルの範囲で推移していました。

2017年の仮想通貨バブル

2017年は、仮想通貨市場全体が急激に成長した年です。ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨の価格が急騰し、その波に乗ってリップルの価格も大幅に上昇しました。特に2017年12月には、リップルの価格が1XRPあたり約2.50ドルに達し、その後2018年1月には一時的に3ドルを超えました。この急激な価格上昇の背景には、以下の要因がありました。

価格上昇の要因

1. 金融機関との提携

リップルは、他の仮想通貨と比較して早い段階から金融機関との提携を進めてきました。これにより、リップルネットの実用性が証明され、信頼性が高まりました。例えば、スペインの大手銀行であるサンタンデール銀行や、日本のSBIホールディングスなど、世界各国の金融機関がリップルネットを採用しました。

2. 技術的な優位性

リップルの技術は、他の仮想通貨と比較しても非常に優れており、そのスピードとコスト効率は特筆すべき点です。ビットコインの取引確認に数十分から数時間かかるのに対し、リップルは数秒で取引を完了させることができます。これにより、多くの企業や投資家がリップルに注目するようになりました。

3. 市場の期待

2017年の仮想通貨バブル期には、市場全体の期待感が高まり、多くの投資家が仮想通貨に資金を投入しました。この結果、リップルを含む多くの仮想通貨の価格が急騰しました。

リップルの価格下落とその要因

2018年以降の価格推移

2018年に入ると、仮想通貨市場全体が調整局面を迎え、リップルの価格も下落しました。2018年1月には一時的に3ドルを超えていたリップルの価格は、2018年末には0.30ドル前後まで下落しました。この価格下落の要因は、以下の通りです。

1. 市場の過熱感

2017年の急激な価格上昇により、市場全体が過熱し、多くの投資家が利益確定のために売却を始めました。これにより、価格が急落しました。

2. 規制強化

各国政府が仮想通貨市場に対する規制を強化し始めたことも、価格下落の一因です。特に中国や韓国など、一部の国では仮想通貨取引所の閉鎖やICOの禁止が行われ、市場にネガティブな影響を与えました。

3. テクノロジーの発展と競争

リップル以外の仮想通貨やブロックチェーン技術が急速に発展し、競争が激化しました。これにより、リップルの優位性が相対的に低下し、価格にも影響を与えました。

私の経験と市場の洞察

私がマーケティング責任者として働いていたAI・ブロックチェーンベンチャー企業でも、リップルの動向は常に注目していました。特に、金融機関との提携や技術的な進化については、多くの企業が関心を寄せていました。リップルの価格推移は、単なる投資対象としてだけでなく、技術革新の指標としても見ることができます。

まとめ

リップルの価格推移は、仮想通貨市場全体の動向と密接に関連しています。リップルの技術的な優位性や金融機関との提携が価格上昇の要因となり、一方で市場の過熱感や規制強化が価格下落の要因となりました。次の部では、リップルの現在の状況と将来の展望について詳しく見ていきます。リップルが今後どのように進化していくのか、その可能性を探ってみましょう。

第三部: リップルの現在の状況と将来の展望

リップルの現在の状況

2020年以降、リップル(XRP)はさまざまな挑戦と機会に直面してきました。その中でも最も注目されるのが、アメリカ証券取引委員会(SEC)との訴訟問題です。SECは、リップル社が未登録の証券を販売したとして訴えを起こしました。この訴訟は、仮想通貨市場全体に大きな影響を与え、リップルの価格も一時的に大幅に下落しました。

SEC訴訟の影響

SEC訴訟の影響で、多くの仮想通貨取引所がリップルの取引を一時停止しました。これにより、リップルの流動性が低下し、価格も大きく変動しました。しかし、リップル社はこれに対して強力な法的対抗策を講じ、裁判は現在も続いています。この訴訟の結果次第で、リップルの将来に大きな影響を与えることは間違いありません。

技術的進化と新しいプロジェクト

リップルは、このような法的問題にもかかわらず、技術的な進化を続けています。特に注目されるのが、「ODL(オンデマンド流動性)」というサービスです。ODLは、XRPを使用して異なる通貨間の即時決済を可能にするもので、国際送金のコストと時間を大幅に削減します。

金融機関との新たな提携

リップルは引き続き、世界中の金融機関と提携を強化しています。例えば、日本の三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)やアメリカのバンク・オブ・アメリカ(BoA)など、多くの大手金融機関がリップルネットの導入を進めています。これにより、リップルの実用性がさらに広がり、その価値も見直されています。

将来の展望

リップルの将来については、いくつかのシナリオが考えられます。

1. SEC訴訟の解決

SEC訴訟がリップルにとって有利な結果となれば、リップルの価格は再び上昇する可能性があります。訴訟の結果次第では、リップルがアメリカ国内での取引を再開し、さらなる普及が期待されます。

2. 技術革新の継続

リップルは引き続き技術革新を進め、ODLをはじめとする新しいサービスを展開する予定です。これにより、リップルネットの利用が拡大し、XRPの需要も増加するでしょう。

3. 規制の変化

仮想通貨市場に対する規制がどのように変化するかも、リップルの将来に大きな影響を与えます。特に、各国の規制当局がリップルをどのように扱うかによって、その普及と価格が左右される可能性があります。

私の見解とリップルの可能性

私は、リップルがその技術的な優位性と広範なパートナーシップにより、今後も成長を続けると信じています。特に、ODLのような革新的なサービスは、国際送金の分野で大きな影響を与えるでしょう。私が働いていたAI・ブロックチェーンベンチャーでも、リップルの技術に対する関心は非常に高く、多くの企業がその導入を検討していました。

まとめ

リップルの現在の状況は、技術的な進化と法的な挑戦の両面がありますが、その将来には大きな可能性が秘められています。次の部では、リップルが今後直面する可能性のある課題と、それを克服するための戦略について詳しく見ていきます。リップルの未来を理解するためには、現在の状況を踏まえた上で、将来の展望を考えることが重要です。

第四部: リップルが直面する課題と戦略

リップルが直面する主な課題

リップル(XRP)が今後成長していくためには、いくつかの重要な課題を克服する必要があります。これらの課題は、技術的な側面だけでなく、法的、規制的な側面にも関わります。

1. 法的リスクと規制の不確実性

リップルは、SEC訴訟をはじめとする法的リスクに直面しています。この訴訟の結果次第で、リップルの将来は大きく変わる可能性があります。また、仮想通貨全体に対する規制の動向も重要です。各国の規制当局がリップルに対してどのような姿勢を取るかによって、その市場拡大の可能性が左右されます。

2. 競争の激化

仮想通貨市場は日々進化しており、新しいプロジェクトや技術が次々と登場しています。リップルはその中で独自のポジションを維持するために、技術的な革新を続ける必要があります。特に、国際送金分野における競争は激しく、他のブロックチェーンプロジェクトやフィンテック企業との競争が避けられません。

3. 市場の変動性

仮想通貨市場は非常に変動しやすく、価格の急激な変動が投資家に不安を与えることがあります。リップルも例外ではなく、市場の変動性に対するリスクを管理する必要があります。

リップルが採るべき戦略

これらの課題に対処するために、リップル社は以下のような戦略を採るべきです。

1. 法的問題への対応

SEC訴訟に対しては、リップル社は強力な法的対抗策を講じています。リップル社は、自社の立場を明確にし、法廷での争いを続けています。また、各国の規制当局と積極的に対話を行い、リップルの合法性を確保する努力を続けることが重要です。

2. 技術革新と新製品の開発

リップルは、ODL(オンデマンド流動性)などの革新的なサービスを提供することで、技術的な優位性を維持しています。今後も、ユーザーのニーズに応える新しい製品やサービスを開発し続けることが求められます。また、リップルネットのセキュリティやパフォーマンスを向上させるための技術革新も欠かせません。

3. パートナーシップの強化

リップルは、世界中の金融機関や企業とのパートナーシップを強化することで、そのネットワークを拡大しています。特に、新興市場や未開拓の地域における提携を進めることで、リップルの利用範囲を広げることができます。また、既存のパートナーシップを強化し、リップルネットの導入を促進することも重要です。

4. 市場教育とコミュニケーション

リップルの技術や利点について、投資家や一般ユーザーに対して積極的に情報発信を行うことが求められます。透明性の高いコミュニケーションを通じて、リップルの信頼性を高め、市場の不安を軽減することができます。

私の所感とリップルの未来

私がマーケティング責任者として働いていたAI・ブロックチェーンベンチャー企業でも、リップルの戦略に学ぶべき点が多くありました。特に、法的問題への対応や技術革新の推進は、企業の成長に不可欠な要素です。リップルは、これらの課題を克服しながら、将来の市場での地位を確立するための強力な基盤を持っています。

リップルの未来は、技術革新と市場の需要に対応する能力にかかっています。特に、国際送金の分野では、リップルの技術が大きな影響を与える可能性があります。私自身、リップルの進化とその成果に期待を寄せています。

まとめ

リップルは、法的リスクや市場の競争、変動性といった課題に直面していますが、これらに対処するための戦略を持っています。次の部では、リップルに関するよくある質問とその回答を通じて、さらに詳しくリップルの理解を深めていきます。リップルの将来に対する期待と課題を踏まえながら、その成長の可能性を見ていきましょう。

よくある質問を5個

質問1: リップル(XRP)とビットコイン(BTC)の違いは何ですか?

リップル(XRP)とビットコイン(BTC)は、どちらも仮想通貨ですが、その目的や技術には大きな違いがあります。ビットコインは、分散型のデジタル通貨として、個人間の取引を安全かつ匿名で行うことを目的としています。ビットコインのブロックチェーンは、取引の記録を分散型台帳に保管し、中央管理者がいないため、透明性と安全性が高いです。

一方、リップルは主に国際送金の効率化を目的としています。リップルネットという独自の分散型台帳技術を用いて、銀行や金融機関が迅速かつ低コストで送金できるように設計されています。リップルは取引の速度が非常に速く、数秒で完了するため、特に国際送金の分野で利用されています。

質問2: SEC訴訟はリップルにどのような影響を与えましたか?

アメリカ証券取引委員会(SEC)の訴訟は、リップルに大きな影響を与えました。SECは、リップル社が未登録の証券を販売したと主張しており、この訴訟はリップルの価格に大きな影響を与えました。多くの仮想通貨取引所がリップルの取引を一時停止し、流動性が低下しました。

しかし、リップル社は法的対抗策を講じ、裁判での争いを続けています。この訴訟の結果次第で、リップルの将来は大きく変わる可能性があります。もしリップル社が訴訟に勝利すれば、リップルの価格は再び上昇する可能性があります。

質問3: リップルのオンデマンド流動性(ODL)とは何ですか?

リップルのオンデマンド流動性(ODL)は、XRPを利用して異なる通貨間の即時決済を可能にするサービスです。ODLを利用することで、銀行や金融機関は、預金先の口座を持たずに、異なる通貨間の送金を迅速かつ低コストで行うことができます。

具体的には、送金元の通貨をXRPに変換し、受取国で再び現地通貨に変換することで、迅速な資金移動が可能となります。これにより、国際送金のコストと時間が大幅に削減され、多くの金融機関がODLを採用しています。

質問4: リップルはどのような金融機関と提携していますか?

リップルは世界中の多くの金融機関と提携しています。例えば、日本のSBIホールディングスはリップルと提携し、国際送金サービス「SBIリップルアジア」を提供しています。このサービスにより、日本と他国間の送金が迅速かつ安価に行えるようになりました。

また、アメリカのPNC銀行やスペインのサンタンデール銀行などもリップルネットを導入しています。これにより、企業顧客向けの国際送金サービスが提供され、従来の送金方法に比べて時間とコストが大幅に削減されました。

質問5: リップルの将来の展望はどうなっていますか?

リップルの将来の展望は、技術革新と市場の需要に大きく依存しています。特に、SEC訴訟の結果がリップルの将来に大きな影響を与えることは間違いありません。訴訟がリップルにとって有利な結果となれば、リップルの価格は再び上昇し、普及も進むでしょう。

また、リップルは技術革新を続けており、ODLをはじめとする新しいサービスの開発に注力しています。これにより、リップルネットの利用が拡大し、XRPの需要も増加することが期待されます。さらに、各国の規制当局との対話を進めることで、リップルの合法性と信頼性を高めることも重要です。

まとめと感想

リップルは、その技術的な優位性と金融機関との強力な提携により、仮想通貨市場で重要な位置を占めています。しかし、SEC訴訟や規制の不確実性といった課題に直面しています。これらの課題を克服するためには、技術革新や新しいサービスの開発、そして透明性の高いコミュニケーションが求められます。

私自身、リップルの未来に大きな可能性を感じています。特に、国際送金の分野におけるリップルの技術は、金融業界に大きな変革をもたらすでしょう。今後もリップルの動向に注目し、その成長を支える要因や課題を見守りたいと思います。

次に、リップルに関するよくある質問とその回答を通じて、さらに詳しくリップルの理解を深めていきます。リップルの未来に対する期待と課題を踏まえながら、その成長の可能性を見ていきましょう。

まとめと感想

まとめ

リップル(XRP)は、その誕生から現在まで、多くの挑戦と機会を経て成長してきました。リップルの主な特徴は、国際送金の効率化を目的とした技術と、そのために開発されたリップルネットです。リップルは、迅速かつ低コストで送金を行うことができるため、多くの金融機関に支持されています。

リップルの価格推移は、市場全体の動向や規制の影響を強く受けています。特に2017年の仮想通貨バブル期には、急激な価格上昇を見せましたが、2018年以降の市場調整期には価格が下落しました。現在もアメリカ証券取引委員会(SEC)との訴訟が続いており、その結果がリップルの未来に大きな影響を与えることは間違いありません。

リップルは、技術革新と新しいサービスの開発に注力しており、特にオンデマンド流動性(ODL)は、国際送金の分野で大きな変革をもたらしています。また、世界中の金融機関との提携を進めることで、その実用性と信頼性を高めています。

感想

私自身、リップルの技術とその可能性に非常に興味を持っています。外資系証券会社でアナリストとして働いていた時期から、リップルの動向には常に注目していました。特に、リップルの国際送金における効率化は、金融業界にとって非常に重要な革新です。私がマーケティング責任者として関わっていたAI・ブロックチェーンベンチャー企業でも、リップルの技術に対する関心は非常に高かったです。

リップルの最大の魅力は、そのスピードとコスト効率にあります。従来の銀行送金が数日かかるのに対し、リップルを利用すれば数秒で完了します。これにより、国際ビジネスのスピードが劇的に向上し、コストも削減されます。これは、多くの企業にとって大きなメリットであり、リップルが今後も成長していくための重要な要素です。

リップルの未来には、技術革新や規制の動向、そして市場の需要といったさまざまな要因が影響します。しかし、私はリップルがこれらの課題を克服し、さらなる成長を遂げると確信しています。リップルの技術とその可能性を理解し、今後の動向を注視していくことが重要です。

このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト

日本銀行
ホーム : 日本銀行 Bank of Japan
内閣官房
内閣官房ホームページ
内閣官房のホームページです。内閣の補助機関であるとともに内閣の首長たる内閣総理大臣を直接に補佐・支援しています。
経済産業省
経済産業省のWEBサイト (METI/経済産業省)
経済産業省のホームページです。経済産業省の組織、大臣会見、報道発表、政策、審議会・研究会、所管法令、予算・税制、統計、申請手続きなどに関する情報を掲載しています。
総務省
総務省
総務省の政策(行政運営の改善、地方行財政、選挙、消防防災、情報通信、郵政行政など)、組織情報、所管法令、報道資料、会議資料等を掲載しています。
財務省
財務省ホームページ
財務省トップページ
総務省
法務省
法務省の報道資料、会議資料等を掲載しています。
法務省
外務省ホームページ(日本語):トップページ
文部科学省
文部科学省
厚生労働省
ホーム|厚生労働省
厚生労働省の取り組んでいる政策情報、報道発表資料、統計情報、厚生労働白書について紹介しています。
農林水産省
農林水産省ホームページ
農林水産省ホームページ
国土交通省
国土交通省
国土交通省の任務、報道発表資料、政策、統計情報、申請・手続きに関する情報を掲載しています。
環境省
トップ
環境省のホームページです。環境省の政策、報道発表、審議会、所管法令、環境白書、各種手続などの情報を掲載しています。
防衛省
Just a moment...
金融庁
金融庁
金融庁の公式ウェブサイトです。金融庁の組織、報道発表、政策・審議会等、所管法令等に関する情報、広報誌「アクセスFSA」などを掲載しています。
中小企業庁
中小企業庁 / The Small and Medium Enterprise Agency
中小企業庁は、現在事業活動を行っている中小企業、これから事業を起こそうと思っている方々を、様々な角度から支援する対策を展開しております。
国税庁
国税庁
デジタル庁
404 デジタル庁
指定されたページまたはファイルは存在しません
財務省財務局
財務局ホームページ : 財務局
財務局ホームページ
Board of Governors of the Federal Reserve System(FRB)
Home
TheFederalReserveBoardofGovernorsinWashingtonDC.
政府広報オンライン
政府広報オンライン あしたの暮らしをわかりやすく
政府の広報・広聴活動をまとめたポータルサイト。内閣府大臣官房政府広報室が運営。
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫(略称:「日本公庫」)の公式ホームページ。民間金融機関の取組みを補完し、事業に取組む方々等を支援する政策金融機関です。
日本証券業協会
日本証券業協会
投資信託協会
投資信託協会 - 投資信託協会
公益財団法人 日本ユニセフ協会
SDGs CLUB |日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)
親子で学べるSDGs(持続可能な開発目標)サイト「SDGsCLUB(クラブ)」。各目標ごとにターゲットの子ども訳を読んだり、関連する課題をムービーやインフォグラフィックスで学ぶことができます。調べ学習や学校の授業にもご活用ください。
一般社団法人 全国銀行協会
一般社団法人 全国銀行協会
全国銀行協会(全銀協)のウェブサイトです。全銀協は、日本国内で活動している銀行を直接の会員とする組織で、わが国の銀行業界の代表として、銀行業の発展のためにさまざまな活動をしています。
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)
一般社団法人日本暗号資産取引業協会は、暗号資産交換業及び暗号資産関連デリバティブ取引業の自主規制団体であり、資金決済法に基づく「認定資金決済事業者協会」と金融商品取引法に基づく「認定金融商品取引業協会」を兼ねております。
国民生活センター
国民生活センター
・Wikipedia
Wikipedia
朝日新聞
朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト
朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境などの話題や写真も。
読売新聞
読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト
【読売新聞】読売新聞オンラインは読売新聞のニュース・情報サイト。社会、スポーツ、政治、経済、国際などの最新ニュースや教育、医療などの読み物、映像ニュースも充実。ポケモン、発言小町、クーポンやプレゼントも。2019年2月にYOMIURIONLINEからサイト名を変更しました。
毎日新聞
毎日新聞デジタル | 毎日新聞のニュースサイト
毎日新聞デジタルは毎日新聞のニュースサイト。政治、経済、国際、事件、話題、スポーツなどの速報、写真、動画を掲載しています。
日本経済新聞
日本経済新聞 - ニュース・速報 最新情報
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。
東洋経済
東洋経済オンライン
東洋経済が運営する日本最大級のビジネスニュースサイト。東洋経済オンラインはビジネス、経済ニュース、就職情報など、ビジネスパーソンのための情報が充実。
ウォール・ストリート・ジャーナル:WSJ
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 -ニュース-ビジネス-海外-経済-金融 - WSJ日本版-jp.wsj.com - Wsj.com
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、米国版の記事から厳選した金融・経済の情報を、日本の編集チームが翻訳・編集。これまで英語でしか読むことができなかった分析記事や鋭い論説を日本語で、リアルタイムにお届けします。
ロイター
ロイター |  経済、株価、ビジネス、国際、政治ニュース
世界の政治、経済、社会についての最新ニュースを、豊富なコンテンツと共に多面的に展開。エンタメ、スポーツに加え、世界の文化やライフスタイルについて注目の情報が満載です。
bloomberg:ブルームバーグ
Bloomberg.co.jp
世界の最新金融ニュース、マーケット情報、市場の分析や、マーケットデータ、金融情報をご提供しています。株式、投資信託から、世界各国の株価指数、金利/債券、商品先物など最新のマーケット情報を掲載。ブルームバーグ
ethereum.org
ホーム | ethereum.org
イーサリアムは、貨幣と新しい種類のアプリケーションのための包括的かつ分散化されたプラットフォームです。イーサリアム上では、貨幣を制御するコードを書いたり、世界のどこからでもアクセス可能なアプリケーションを構築できます。
野村証券
野村證券|資産運用のご相談、株式・投資信託・債券をはじめ資産運用コンサルティングの証券会社
国内最大級の総合証券、野村證券では、株式や債券をはじめとする豊富な取扱商品、相続や退職金の資産運用コンサルティング、役立つ投資情報、初めての投資のサポートなど、充実したサービスをご提供しています。
Goldman Sachs:ゴールドマン・サックス
Goldman Sachs
TheGoldmanSachsGroup,Inc.isaleadingglobalinvestmentbanking,securitiesandinvestmentmanagementfirmthatprovidesawiderangeoffinancialservicestoasubstantialanddivers...
JPモルガン
J.P. Morgan | Official Website
理化学研究所
理化学研究所
理化学研究所は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、計算科学、生物学、医科学などに及ぶ広い分野で研究を進めています。
AIST:産業技術総合研究所
AIST: 産業技術総合研究所
産総研は、技術の創出と実用化で社会課題の解決に取り組む、日本最大級の研究機関です。
NICT:情報通信研究機構
NICT-情報通信研究機構
国立情報学研究所
国立情報学研究所 / National Institute of Informatics
国立情報学研究所は、情報学という新しい研究分野での「未来価値創成」を目指すわが国唯一の学術総合研究所として、ネットワーク、ソフトウェア、コンテンツなどの情報関連分野の新しい理論・方法論から応用展開までの研究開発を総合的に推進しています。
国立環境研究所
国立環境研究所
国立研究開発法人 国立環境研究所(NIES)からの新着情報をお知らせします。国立環境研究所は今も未来も人びとが健やかに暮らせる環境をまもりはぐくむための研究によって広く社会に貢献します。
人工知能研究センター
ホーム | 人工知能研究センター
東京大学
東京大学
東京大学のオフィシャルサイトです。大学案内、学部・大学院等の紹介、研究活動、国際活動、入学案内等、東京大学の情報をご覧いただけます。
京都大学
京都大学
京都大学のオフィシャルサイトです。学部・大学院、研究所等の案内や、入試・入学案内、教育研究活動、キャンパスの最新情報など、京都大学に関する情報をご覧いただけます。
慶應義塾大学経済学部
慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科
慶應義塾大学経済学部の公式サイト。カリキュラムの紹介、教員紹介、研究紹介、就職実績紹介、三田・日吉キャンパス、入試情報など。
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所は21世紀の先端研究をリードする研究拠点として、未来へ貢献するために日々さまざまな研究活動を行っております。
Google
Google
世界中のあらゆる情報を検索するためのツールを提供しています。さまざまな検索機能を活用して、お探しの情報を見つけてください。
Microsoft
Microsoft – クラウド、コンピューター、アプリ & ゲーム
ご自宅やビジネスでご利用いただけるMicrosoft製品とサービスをご覧ください。Surface、Microsoft365、Xbox、Windows、Azureなどをご購入いただけます。ダウンロードやサポートもご用意しています。
Amazonジャパン
Amazon.co.jp
Meta
Meta | ソーシャルメタバース企業
Metaは、テクノロジーと没入感あふれるエクスペリエンスを通じて、人々、コミュニティ、ビジネスがつながってもっと多くのことを成し遂げられるよう支援します。
Apple
Apple
革新に満ちたAppleの世界へようこそ。AppleのウェブサイトではiPhoneからiPad、AppleWatch、Mac、AppleTVまで、すべての製品の購入ができます。アクセサリやエンターテインメントを探す時も、専任スペシャリストによるデバイスのサポートが必要な時もこのサイトでどうぞ。
テスラ:Tesla
https://www.tesla.com/ja_jp
NDIVIA
AI コンピューティングで世界をリードする
NVIDIAは世界最速のスーパーコンピューターと世界最大のゲーミングプラットフォームを開発しています。
Intel
インテル | データセンター・ソリューション、IoT、PC イノベーション
クラウド・コンピューティング、データセンター、IoT、PCソリューションにおけるインテルのイノベーションが、日常のスマート・コネクテッドなデジタル環境を支えています。
NTT:日本電信電話株式会社
NTT / NTTグループ | 日本電信電話株式会社
NTTグループ公式ホームページ。ドコモ、東日本、西日本、データ等の国内、グローバル、持株会社を含むNTTグループ全体のビジョン、経営戦略、サステナビリティ、研究開発の最新技術、災害対策、社会貢献活動、ニュースリリース、投資家情報(IR情報)や各種レポートなどをご覧いただけます。
富士通
富士通 | Fujitsu Limited
OurPurpose:わたしたちのパーパスは、イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくことです。
株式会社サイバーエージェント
株式会社サイバーエージェント
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、新しい未来のテレビ「ABEMA」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。
電通
電通ウェブサイト
株式会社電通のウェブサイトです。会社や事業の概要、採用関連情報、サステナビリティへの取り組みなどをご紹介いたします。
ソフトバンクグループ
ソフトバンク
ソフトバンクの公式ホームページです。スマートフォン、携帯電話をはじめ、インターネット、固定電話、でんき、ロボットなどライフスタイルを豊かにする各種サービスやソフトバンクショップ、サポート、企業・IR情報などをご紹介します。
株式会社 ファーストリテイリング
株式会社 ファーストリテイリング
IBM
日本IBM
IBMは、あらゆるお客様の目標達成に向けた取り組みを支援し、世界にとって重要なイノベーションを1世紀以上にわたり生み出してきました。
野村総合研究所:NRI
NRI 野村総合研究所
野村総合研究所(NRI)の公式ホームページです。NRIからの提言や調査・レポート、商品サービス、ITソリューション事例、IR情報、採用情報、サステナビリティ情報などを掲載しています。
三菱総合研究所:MRI
三菱総合研究所(MRI)
三菱総合研究所(MRI)グループは、総合シンクタンクとして、経済・経営、政策・科学技術などの研究・提言から、分析・構想、設計・実証、そして社会実装まで、幅広い価値を提供しています。豊かで持続可能な未来の共創を使命として、社会課題を解決し、社会の変革を先駆けてまいります。
bitFlyer
https://bitflyer.com/ja-jp/
ブロックチェーン推進協会:BCCC
BCCC - ブロックチェーン推進協会
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会
JBA | 一般社団法人 日本ブロックチェーン協会 | Japan Blockchain Association
ブロックチェーン技術の健全な普及、発展に貢献するために2014年に設立された業界団体です。日本の業界をリードするブロックチェーン開発企業やスタートアップ、大企業、地方自治体など多様なメンバーが会員になっています。
OpenAI
OpenAI
IntroducingSora:Creatingvideofromtext
このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト
引用・参照元リンク集
タイトルとURLをコピーしました