【完全解説】ビットコインの「歴史」「価格推移」「バブル」「ニュース」を徹底解説:2009〜2024年を完全網羅

ホーム » ビットコイン » 【完全解説】ビットコインの「歴史」「価格推移」「バブル」「ニュース」を徹底解説:2009〜2024年を完全網羅
まりか | 【近未来ブログ】DXのすこし先へ

【著者名】"まりか"

神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。

外資系大手証券会社で、アナリストとして海外情勢やブロックチェーン技術についての調査・コンサルタント業務に従事。
5年間の業務の後に、AI・ブロックチェーンのベンチャー企業に「マーケティング責任者(CMO)」として参画。

Web3.0、仮想通貨、AI活用などのマーケティング業務を行う。2年前に独立・起業。現在は、在宅で中小企業向け「DXコンサルタント」をしながら、黒猫とのんびり暮らしています。

このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト
引用・参照元リンク集

まりか
まりか

この記事の要約です♫
ビットコインの誕生から現在に至るまでの歴史と価格推移を完全解説。2009年の誕生時から2024年までの重要イベントとチャートをわかりやすく解説するとともに、バブルやニュースの影響を丁寧に分析。これからビットコイン投資を考えている人必見の内容です。

こんにちは、まりかです。今回は、仮想通貨の代表格であるビットコインについて、2009年から2024年までの歴史、価格推移、バブルの影響、そして最新ニュースを徹底的に解説します。仮想通貨に興味を持ち始めた初心者の方にもわかりやすく、専門用語をできるだけ避けながら説明していきますので、ぜひ最後までお読みください。

ビットコインは、2009年に誕生して以来、多くの注目を集めてきました。その価格は驚くべき上昇を見せ、多くの投資家が大きな利益を得る一方で、急激な価格変動によるリスクも存在します。本記事では、ビットコインの基本から、その歴史的な価格推移、バブル時の出来事、そして最近のニュースまでを網羅的に解説します。

私自身、慶應義塾大学経済学部を卒業後、外資系大手証券会社でアナリストとして仮想通貨やブロックチェーン技術についての調査・コンサルタント業務を行ってきました。その経験を活かし、初心者の方でも理解しやすいように、ビットコインの全貌をお伝えします。それでは、始めましょう。

目次

第一部:ビットコインの誕生と初期の歴史(2009年〜2012年)

ビットコインの誕生

ビットコインは2009年に、謎の人物「サトシ・ナカモト」によって誕生しました。サトシ・ナカモトは、2008年にビットコインの基盤となる論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」を発表し、これに基づいて最初のビットコインソフトウェアをリリースしました。ビットコインは、中央集権的な管理者を持たない分散型デジタル通貨として設計されており、これがその最大の特徴です。

ビットコインの初期取引と成長

2009年1月3日、サトシ・ナカモトは最初のビットコインブロック、通称「ジェネシスブロック」を生成しました。このブロックには50ビットコインが含まれていましたが、当時の価値はほとんどありませんでした。ビットコインが初めて取引されたのは、2010年5月22日で、プログラマーのラズロ・ハニエツが1万ビットコインを使ってピザ2枚を購入しました。この取引は「ビットコイン・ピザ・デー」として知られています。現在のビットコインの価格から考えると、このピザの価格は驚くほど高価です。

マイニングの始まり

ビットコインの新規発行は「マイニング」と呼ばれるプロセスで行われます。マイニングは、複雑な数学問題を解くことで行われ、成功すると新しいビットコインが報酬として与えられます。初期の頃は、個人が自宅のパソコンを使って簡単にマイニングを行うことができました。しかし、ビットコインの人気が高まるにつれて、競争が激化し、より高性能なマイニング専用機器が必要となりました。

ビットコインの成長と初期の市場

ビットコインの価値は、2010年には1ビットコインが0.003ドルほどでしたが、2011年には1ドルを超えました。2011年には、ビットコインを使った最初のオンラインマーケットプレイス「シルクロード」が開設され、ビットコインの実用性が高まりました。しかし、このマーケットプレイスは違法薬物の取引に使われたため、後に閉鎖されました。

初期の課題とハッキング事件

ビットコインの初期には、多くの課題や問題もありました。特に、2011年に発生したマウントゴックス(Mt. Gox)取引所のハッキング事件は大きな衝撃を与えました。この事件では、約85万ビットコインが盗まれ、その価値は当時で約4億5千万ドルに相当しました。マウントゴックスは当時、世界最大のビットコイン取引所であり、この事件はビットコインの信頼性に大きな打撃を与えました。

ビットコインの規制と法的地位

ビットコインの成長に伴い、各国政府はその法的地位や規制について議論を始めました。2012年には、ビットコイン財団が設立され、ビットコインの普及と発展を推進するための活動を開始しました。また、ビットコインは一部の国で合法的な通貨として認められる一方で、他の国では厳しい規制が敷かれることもありました。

私の経験と所感

私が初めてビットコインに興味を持ったのは、この初期の成長期においてです。外資系証券会社でアナリストとして働いていた私は、ビットコインの革新性とその潜在的な影響力に魅了されました。当時、ビットコインはまだ非常に新しい概念であり、その将来性について多くの議論がありましたが、私はその可能性に大いに期待していました。

以上がビットコインの誕生から初期の歴史までの概要です。次の部分では、ビットコインの価格推移と市場の発展について詳しく見ていきます。

第二部:ビットコインの価格推移と市場の発展(2013年〜2017年)

2013年:急騰と急落の年

2013年はビットコインにとって重要な年でした。この年の初め、ビットコインの価格は約13ドルでしたが、年末には1,000ドルを超えるまで急騰しました。この急騰の要因は、キプロス金融危機や中国の投資家の増加などが挙げられます。しかし、価格の急騰に伴い、同年12月には急落し、数ヶ月の間にビットコインの価格は半分以下になりました。このような急激な価格変動は、多くの投資家にとってリスクであると同時に、ビットコインの市場のボラティリティを象徴するものでした。

2014年:マウントゴックス事件と市場の低迷

2014年はビットコイン市場にとって試練の年でした。最も大きな出来事は、世界最大のビットコイン取引所であるマウントゴックス(Mt. Gox)の破綻です。マウントゴックスはハッキングにより約85万ビットコインを失い、その価値は当時約4億5千万ドルに相当しました。この事件はビットコインの信頼性に大きな打撃を与え、価格は一時的に低迷しました。この出来事を受けて、多くの投資家がビットコイン市場から撤退し、ビットコインの価格は年末までに約300ドルまで下落しました。

2015年:市場の回復と新たなスタート

2015年はビットコイン市場が回復し始めた年でした。新たな取引所やサービスの登場により、ビットコインの利用が徐々に増加しました。この年、ビットコインの価格は200ドルから300ドルの間で安定し、市場は再び成長の兆しを見せ始めました。また、ビットコインの技術的な側面でも重要な進展があり、ブロックチェーン技術が注目されるようになりました。この技術は、ビットコイン以外の様々な分野でも応用が期待され、ビットコインの価値を支える基盤となりました。

2016年:価格の安定と成長

2016年はビットコインの価格が安定し、再び成長し始めた年でした。この年、ビットコインの価格は約400ドルから年末には約900ドルまで上昇しました。この背景には、中国の投資家の増加や、ビットコインの利用が広がったことが挙げられます。また、2016年7月には、ビットコインのマイニング報酬が半減する「ハードフォーク」が実施され、これにより新たに発行されるビットコインの量が減少しました。これがビットコインの価格上昇の一因となりました。

2017年:ビットコインバブルとその崩壊

2017年はビットコイン市場における大きな転換点となりました。この年の初め、ビットコインの価格は約1,000ドルでしたが、年末には20,000ドル近くにまで急騰しました。この急騰は、「ビットコインバブル」として広く知られています。多くの新規投資家が市場に参入し、ビットコインの価格は連日記録的な高値を更新しました。しかし、急激な価格上昇に伴い、バブルが崩壊し、2018年初頭にはビットコインの価格は半分以下にまで下落しました。

私の経験と所感

この期間、私は外資系大手証券会社でアナリストとして、ビットコインの価格動向や市場の動きを詳しく追っていました。特に2017年のビットコインバブルは、多くの投資家にとって驚きと興奮の年でありましたが、その後の急落は市場のリスクを再認識させるものでした。ビットコインの市場は常に変動が激しく、その中での投資は慎重に行う必要があると強く感じました。

次の部分では、ビットコインのバブル崩壊後の市場の動向と、近年の重要なニュースについて詳しく解説していきます。

第三部:バブル崩壊後の市場動向と重要なニュース(2018年〜2020年)

2018年:バブル崩壊と市場の調整

2018年の初頭、ビットコイン市場はバブル崩壊の影響を強く受けました。価格は急落し、年初の20,000ドル近くから一時3,000ドル台にまで下がりました。この急落は多くの投資家に損失をもたらし、市場全体が調整期に入りました。しかし、この期間はビットコインの成熟にとって重要な時期でもありました。規制の強化や技術の進展により、市場は徐々に安定感を取り戻していきました。

2019年:市場の回復と技術的進展

2019年には、ビットコインの価格が再び回復し始めました。年初には3,000ドル台でしたが、年末には約7,000ドルまで上昇しました。この回復の背景には、機関投資家の参入や、新しいブロックチェーン技術の採用がありました。また、ビットコインの利用が増加し、決済手段としての受け入れも進んでいきました。

技術的な進展としては、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するための「ライトニングネットワーク」が注目されました。これにより、ビットコインの取引速度が大幅に向上し、取引手数料も低減されました。さらに、ビットコインETF(上場投資信託)の承認が議論され、機関投資家の参入が加速する期待が高まりました。

2020年:パンデミックとビットコインの急騰

2020年は、世界的なパンデミックが経済全体に大きな影響を与えましたが、ビットコイン市場には追い風となりました。パンデミックによる経済不安や政府の大規模な金融緩和策により、多くの投資家がビットコインを「デジタルゴールド」として避難先資産と捉えるようになりました。

この年、ビットコインの価格は大きく上昇し、年末には約29,000ドルに達しました。また、主要企業がビットコインを自社の財務資産として購入する動きも見られました。例えば、米国の大手企業MicroStrategyは、数億ドル規模のビットコインを購入し、その動きが多くの企業に影響を与えました。

ビットコインと規制の動向

ビットコインの成長に伴い、各国政府はその規制についても積極的に取り組むようになりました。特に、米国や欧州連合(EU)では、仮想通貨取引所に対する規制強化が進められました。これにより、取引所の透明性と信頼性が向上し、投資家保護のための枠組みが整備されました。

一方で、中国ではビットコインの取引やマイニングに対する規制が強化され、これがビットコイン市場に大きな影響を与えました。中国政府は環境問題や金融リスクを理由に、仮想通貨の取り締まりを強化し、多くのマイニング業者が海外に移転する事態となりました。

私の経験と所感

私は2018年から2020年にかけて、AI・ブロックチェーンのベンチャー企業でマーケティング責任者として働いていました。この期間、ビットコイン市場の動向を日々追いながら、企業の戦略を練り、実行してきました。特に2020年のパンデミック時には、ビットコインの需要が急増し、その変動をリアルタイムで分析することが求められました。この時期の経験を通じて、ビットコインが持つ可能性とリスクを深く理解することができました。

次の部分では、2021年以降の最新ニュースとビットコインの未来について詳しく解説していきます。

第四部:最新ニュースとビットコインの未来(2021年〜2024年)

2021年:ビットコインの史上最高値と機関投資家の参入

2021年は、ビットコイン市場にとって歴史的な年となりました。この年の初め、ビットコインの価格は約30,000ドルからスタートし、4月には史上最高値となる約64,000ドルに達しました。この急騰の背景には、機関投資家の参入が大きく影響しています。

テスラのCEOであるイーロン・マスクが、ビットコインをテスラの財務資産として購入し、さらに一部の製品購入にビットコインを受け入れることを発表したことは、大きな話題となりました。また、米国の大手決済企業であるスクエアやペイパルも、ビットコインの取引サービスを提供し始め、これにより一般消費者の間でもビットコインの認知度が急速に高まりました。

2022年:規制の強化と市場の調整

2022年には、ビットコイン市場に対する規制がさらに強化されました。米国証券取引委員会(SEC)は、ビットコインETFの承認を進める一方で、不正取引やマネーロンダリング対策として、取引所に対する監視を強化しました。このような規制強化により、市場は一時的に調整期に入りましたが、長期的には市場の健全性が向上することが期待されました。

また、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発が世界各国で進められ、ビットコインとの競争や共存の可能性が議論されました。中国のデジタル人民元や欧州中央銀行のデジタルユーロなど、各国が自国通貨のデジタル化を進める中で、ビットコインの役割や位置づけが再評価されることとなりました。

2023年:ビットコインの普及と技術的進化

2023年には、ビットコインの普及がさらに進展しました。世界各地でビットコインを利用した決済が増加し、特に新興市場では、ビットコインが法定通貨の代替として利用されるケースが増えました。エルサルバドルは、ビットコインを法定通貨として採用した最初の国として、その影響力を示しました。

技術的な進化としては、ビットコインのセキュリティ強化とスケーラビリティの向上が注目されました。特に、「Taproot」と呼ばれるアップグレードが実施され、ビットコインのプライバシー保護やスマートコントラクト機能が強化されました。このような技術的進化により、ビットコインの利用範囲が広がり、より多くのユーザーが安全に取引を行えるようになりました。

2024年:ビットコインの未来と課題

2024年に入ると、ビットコイン市場は成熟期を迎えつつあります。ビットコインの価格は安定し、多くの投資家や企業が長期的な視点でビットコインを保有しています。一方で、環境への影響やエネルギー消費の問題が引き続き議論されています。ビットコインのマイニングには大量の電力が必要であり、この問題に対する解決策が求められています。

また、ビットコインの規制についても、各国での対応が異なるため、国際的な調整が必要です。これにより、ビットコインの利用がより一貫性を持ち、グローバルな金融システムに組み込まれる可能性が高まります。

私の経験と所感

私は2021年から現在に至るまで、フリーランスのDXコンサルタントとして、多くの企業や個人にビットコインやブロックチェーン技術についてのアドバイスを提供してきました。この期間、ビットコインの価格変動や市場の動向をリアルタイムで追いながら、クライアントに対して最適な戦略を提案してきました。

ビットコインは、今後も金融市場において重要な役割を果たすと考えています。その技術的な革新や普及の進展により、新たな可能性が広がる一方で、課題も多く残されています。特に、環境問題や規制の問題に対しては、業界全体で取り組む必要があるでしょう。

次の部分では、ビットコインに関するよくある質問とその回答を5つご紹介します。ビットコインの基礎知識や投資に関する疑問を解消し、より深く理解していただけるように解説していきます。

よくある質問(FAQ)を5個

質問1:ビットコインは安全ですか?

回答:

ビットコインは、ブロックチェーン技術によって支えられており、取引の透明性と安全性が高いとされています。ブロックチェーンは、すべての取引を分散型のネットワーク上で記録し、改ざんが極めて難しい仕組みになっています。しかし、完全に安全であるとは言い切れません。取引所のハッキングや詐欺のリスクは依然として存在します。例えば、2014年のマウントゴックス事件や、最近の取引所への攻撃などがあります。そのため、信頼できる取引所を選び、二段階認証などのセキュリティ対策を講じることが重要です。

質問2:ビットコインの価格はどうやって決まるのですか?

回答:

ビットコインの価格は、需要と供給のバランスによって決まります。多くの投資家がビットコインを購入したいと考えると価格は上昇し、逆に売りたいと考える投資家が増えると価格は下落します。具体的な要因としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. ニュースやイベント:重要なニュースや規制の変更、技術的なアップグレードなどが価格に影響を与えます。
  2. 投資家の心理:市場の感情や投資家の期待、恐怖などが価格に影響を与えることがあります。
  3. 経済状況:世界経済の状況や金融政策もビットコインの価格に影響を与えます。

質問3:ビットコインの取引は匿名ですか?

回答:

ビットコインの取引は半匿名性を持っています。具体的には、取引の記録はすべてブロックチェーン上に公開され、誰でも確認することができますが、取引に使用されるアドレスには個人の名前などの情報は含まれていません。しかし、取引所でビットコインを購入する際には、通常は本人確認が必要であり、その情報が取引所に記録されます。そのため、完全に匿名で取引を行うことは難しいです。また、取引の追跡技術が進化しており、特定のアドレスと個人を結びつけることも可能になってきています。

質問4:ビットコインの購入方法は?

回答:

ビットコインの購入方法はいくつかあります。最も一般的な方法は、仮想通貨取引所を利用することです。以下に代表的な取引所をいくつか紹介します。

  1. コインベース(Coinbase):アメリカの大手取引所で、初心者にも使いやすいインターフェースを提供しています。
  2. バイナンス(Binance):世界最大の取引所の一つで、多くの仮想通貨を取り扱っています。
  3. ビットフライヤー(bitFlyer):日本の大手取引所で、日本円での入出金が可能です。

取引所でアカウントを作成し、本人確認を行った後、銀行振込やクレジットカードで入金し、ビットコインを購入することができます。

質問5:ビットコインは法的に認められているのですか?

回答:

ビットコインの法的地位は国によって異なります。例えば、日本では2017年に「仮想通貨法」が施行され、ビットコインは正式に支払い手段として認められました。これにより、日本の取引所は金融庁による登録が必要となり、利用者保護のための規制が整備されています。

一方で、中国ではビットコインの取引やマイニングに対する規制が厳しく、取引所の運営が禁止されています。アメリカでは、ビットコインは商品として扱われ、取引所は規制当局の監視下に置かれています。ヨーロッパでも、各国で異なる規制が存在し、統一的な枠組みが求められています。

これらの法的地位の違いにより、ビットコインの利用方法や規制の厳しさは地域によって大きく異なります。

私の経験と所感

私がこれまでの経験から感じたことは、ビットコインに関する理解を深めることが非常に重要であるということです。特に初心者の方は、信頼できる情報源から知識を得て、安全に取引を行うことが大切です。ビットコインはまだ新しい技術であり、その可能性は大きいですが、リスクも伴います。自身のリスク許容度を理解し、適切な投資判断を行うことが求められます。

次の部分では、本記事のまとめと私の感想をお伝えします。ビットコインの魅力と注意点について再度振り返り、今後の展望についても考えていきたいと思います。

まとめと感想

まとめ

これまでの内容を振り返ると、ビットコインは2009年の誕生以来、様々な変遷を経てきました。初期の歴史から始まり、価格の急騰と急落、バブルの形成とその崩壊、そして最近の市場動向と規制の変化に至るまで、ビットコインは常に注目を集める存在であり続けました。以下に、各部の主要ポイントをまとめます。

  • 第一部:ビットコインの誕生と初期の歴史
    ビットコインは2009年にサトシ・ナカモトによって誕生し、初期の取引やマイニング、価格の急上昇といった出来事がありました。
  • 第二部:ビットコインの価格推移と市場の発展
    2013年から2017年にかけて、ビットコインは急騰と急落を繰り返し、特に2017年のバブル時には20,000ドル近くまで上昇しました。
  • 第三部:バブル崩壊後の市場動向と重要なニュース
    2018年から2020年にかけて、バブル崩壊後の市場調整期を経て、ビットコインは再び回復し、技術的進展や機関投資家の参入が見られました。
  • 第四部:最新ニュースとビットコインの未来
    2021年以降、ビットコインは史上最高値を更新しつつ、規制の強化や環境問題に対する課題に直面しながらも、将来的な成長が期待されています。
  • よくある質問(FAQ)
    ビットコインの安全性、価格の決まり方、匿名性、購入方法、法的地位などについての質問に答えました。

私の感想

ビットコインの進化を振り返ると、その革新性と影響力には改めて驚かされます。私自身、慶應義塾大学で経済学を学び、外資系大手証券会社でアナリストとしてのキャリアを積む中で、ビットコインの登場とその急速な成長を間近で見てきました。特に2017年のバブル時期の熱狂と、その後の市場の冷静化は、ビットコインの持つ二面性を如実に表しています。

ビットコインは、まだまだ発展途上の技術であり、多くの可能性を秘めています。しかし、その一方で、価格の変動や規制の問題、環境への影響といった課題も多く存在します。これらの課題に対して、技術的な解決策や政策的な対応が求められます。

今後も、ビットコインは金融市場や経済において重要な役割を果たすことが予想されます。新たな技術の導入や規制の整備が進む中で、ビットコインがどのように進化していくのか注目していきたいと思います。私の経験と知識を活かして、皆さんがビットコインを理解し、適切に利用できるように情報を提供し続けることをお約束します。

このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト

日本銀行
ホーム : 日本銀行 Bank of Japan
内閣官房
内閣官房ホームページ
内閣官房のホームページです。内閣の補助機関であるとともに内閣の首長たる内閣総理大臣を直接に補佐・支援しています。
経済産業省
経済産業省のWEBサイト (METI/経済産業省)
経済産業省のホームページです。経済産業省の組織、大臣会見、報道発表、政策、審議会・研究会、所管法令、予算・税制、統計、申請手続きなどに関する情報を掲載しています。
総務省
総務省
総務省の政策(行政運営の改善、地方行財政、選挙、消防防災、情報通信、郵政行政など)、組織情報、所管法令、報道資料、会議資料等を掲載しています。
財務省
財務省ホームページ
財務省トップページ
総務省
法務省
法務省の報道資料、会議資料等を掲載しています。
法務省
外務省ホームページ(日本語):トップページ
文部科学省
文部科学省
厚生労働省
ホーム|厚生労働省
厚生労働省の取り組んでいる政策情報、報道発表資料、統計情報、厚生労働白書について紹介しています。
農林水産省
農林水産省ホームページ
農林水産省ホームページ
国土交通省
国土交通省
国土交通省の任務、報道発表資料、政策、統計情報、申請・手続きに関する情報を掲載しています。
環境省
トップ
環境省のホームページです。環境省の政策、報道発表、審議会、所管法令、環境白書、各種手続などの情報を掲載しています。
防衛省
Just a moment...
金融庁
金融庁
金融庁の公式ウェブサイトです。金融庁の組織、報道発表、政策・審議会等、所管法令等に関する情報、広報誌「アクセスFSA」などを掲載しています。
中小企業庁
中小企業庁 / The Small and Medium Enterprise Agency
中小企業庁は、現在事業活動を行っている中小企業、これから事業を起こそうと思っている方々を、様々な角度から支援する対策を展開しております。
国税庁
国税庁
デジタル庁
404 デジタル庁
指定されたページまたはファイルは存在しません
財務省財務局
財務局ホームページ : 財務局
財務局ホームページ
Board of Governors of the Federal Reserve System(FRB)
Home
TheFederalReserveBoardofGovernorsinWashingtonDC.
政府広報オンライン
政府広報オンライン あしたの暮らしをわかりやすく
政府の広報・広聴活動をまとめたポータルサイト。内閣府大臣官房政府広報室が運営。
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫(略称:「日本公庫」)の公式ホームページ。民間金融機関の取組みを補完し、事業に取組む方々等を支援する政策金融機関です。
日本証券業協会
日本証券業協会
投資信託協会
投資信託協会 - 投資信託協会
公益財団法人 日本ユニセフ協会
SDGs CLUB |日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)
親子で学べるSDGs(持続可能な開発目標)サイト「SDGsCLUB(クラブ)」。各目標ごとにターゲットの子ども訳を読んだり、関連する課題をムービーやインフォグラフィックスで学ぶことができます。調べ学習や学校の授業にもご活用ください。
一般社団法人 全国銀行協会
一般社団法人 全国銀行協会
全国銀行協会(全銀協)のウェブサイトです。全銀協は、日本国内で活動している銀行を直接の会員とする組織で、わが国の銀行業界の代表として、銀行業の発展のためにさまざまな活動をしています。
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)
一般社団法人日本暗号資産取引業協会は、暗号資産交換業及び暗号資産関連デリバティブ取引業の自主規制団体であり、資金決済法に基づく「認定資金決済事業者協会」と金融商品取引法に基づく「認定金融商品取引業協会」を兼ねております。
国民生活センター
国民生活センター
・Wikipedia
Wikipedia
朝日新聞
朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト
朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境などの話題や写真も。
読売新聞
読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト
【読売新聞】読売新聞オンラインは読売新聞のニュース・情報サイト。社会、スポーツ、政治、経済、国際などの最新ニュースや教育、医療などの読み物、映像ニュースも充実。ポケモン、発言小町、クーポンやプレゼントも。2019年2月にYOMIURIONLINEからサイト名を変更しました。
毎日新聞
毎日新聞デジタル | 毎日新聞のニュースサイト
毎日新聞デジタルは毎日新聞のニュースサイト。政治、経済、国際、事件、話題、スポーツなどの速報、写真、動画を掲載しています。
日本経済新聞
日本経済新聞 - ニュース・速報 最新情報
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。
東洋経済
東洋経済オンライン
東洋経済が運営する日本最大級のビジネスニュースサイト。東洋経済オンラインはビジネス、経済ニュース、就職情報など、ビジネスパーソンのための情報が充実。
ウォール・ストリート・ジャーナル:WSJ
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 -ニュース-ビジネス-海外-経済-金融 - WSJ日本版-jp.wsj.com - Wsj.com
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、米国版の記事から厳選した金融・経済の情報を、日本の編集チームが翻訳・編集。これまで英語でしか読むことができなかった分析記事や鋭い論説を日本語で、リアルタイムにお届けします。
ロイター
ロイター |  経済、株価、ビジネス、国際、政治ニュース
世界の政治、経済、社会についての最新ニュースを、豊富なコンテンツと共に多面的に展開。エンタメ、スポーツに加え、世界の文化やライフスタイルについて注目の情報が満載です。
bloomberg:ブルームバーグ
Bloomberg.co.jp
世界の最新金融ニュース、マーケット情報、市場の分析や、マーケットデータ、金融情報をご提供しています。株式、投資信託から、世界各国の株価指数、金利/債券、商品先物など最新のマーケット情報を掲載。ブルームバーグ
ethereum.org
ホーム | ethereum.org
イーサリアムは、貨幣と新しい種類のアプリケーションのための包括的かつ分散化されたプラットフォームです。イーサリアム上では、貨幣を制御するコードを書いたり、世界のどこからでもアクセス可能なアプリケーションを構築できます。
野村証券
野村證券|資産運用のご相談、株式・投資信託・債券をはじめ資産運用コンサルティングの証券会社
国内最大級の総合証券、野村證券では、株式や債券をはじめとする豊富な取扱商品、相続や退職金の資産運用コンサルティング、役立つ投資情報、初めての投資のサポートなど、充実したサービスをご提供しています。
Goldman Sachs:ゴールドマン・サックス
Goldman Sachs
TheGoldmanSachsGroup,Inc.isaleadingglobalinvestmentbanking,securitiesandinvestmentmanagementfirmthatprovidesawiderangeoffinancialservicestoasubstantialanddivers...
JPモルガン
J.P. Morgan | Official Website
理化学研究所
理化学研究所
理化学研究所は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、計算科学、生物学、医科学などに及ぶ広い分野で研究を進めています。
AIST:産業技術総合研究所
AIST: 産業技術総合研究所
産総研は、技術の創出と実用化で社会課題の解決に取り組む、日本最大級の研究機関です。
NICT:情報通信研究機構
NICT-情報通信研究機構
国立情報学研究所
国立情報学研究所 / National Institute of Informatics
国立情報学研究所は、情報学という新しい研究分野での「未来価値創成」を目指すわが国唯一の学術総合研究所として、ネットワーク、ソフトウェア、コンテンツなどの情報関連分野の新しい理論・方法論から応用展開までの研究開発を総合的に推進しています。
国立環境研究所
国立環境研究所
国立研究開発法人 国立環境研究所(NIES)からの新着情報をお知らせします。国立環境研究所は今も未来も人びとが健やかに暮らせる環境をまもりはぐくむための研究によって広く社会に貢献します。
人工知能研究センター
ホーム | 人工知能研究センター
東京大学
東京大学
東京大学のオフィシャルサイトです。大学案内、学部・大学院等の紹介、研究活動、国際活動、入学案内等、東京大学の情報をご覧いただけます。
京都大学
京都大学
京都大学のオフィシャルサイトです。学部・大学院、研究所等の案内や、入試・入学案内、教育研究活動、キャンパスの最新情報など、京都大学に関する情報をご覧いただけます。
慶應義塾大学経済学部
慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科
慶應義塾大学経済学部の公式サイト。カリキュラムの紹介、教員紹介、研究紹介、就職実績紹介、三田・日吉キャンパス、入試情報など。
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所は21世紀の先端研究をリードする研究拠点として、未来へ貢献するために日々さまざまな研究活動を行っております。
Google
Google
世界中のあらゆる情報を検索するためのツールを提供しています。さまざまな検索機能を活用して、お探しの情報を見つけてください。
Microsoft
Microsoft – クラウド、コンピューター、アプリ & ゲーム
ご自宅やビジネスでご利用いただけるMicrosoft製品とサービスをご覧ください。Surface、Microsoft365、Xbox、Windows、Azureなどをご購入いただけます。ダウンロードやサポートもご用意しています。
Amazonジャパン
Amazon.co.jp
Meta
Meta | ソーシャルメタバース企業
Metaは、テクノロジーと没入感あふれるエクスペリエンスを通じて、人々、コミュニティ、ビジネスがつながってもっと多くのことを成し遂げられるよう支援します。
Apple
Apple
革新に満ちたAppleの世界へようこそ。AppleのウェブサイトではiPhoneからiPad、AppleWatch、Mac、AppleTVまで、すべての製品の購入ができます。アクセサリやエンターテインメントを探す時も、専任スペシャリストによるデバイスのサポートが必要な時もこのサイトでどうぞ。
テスラ:Tesla
https://www.tesla.com/ja_jp
NDIVIA
AI コンピューティングで世界をリードする
NVIDIAは世界最速のスーパーコンピューターと世界最大のゲーミングプラットフォームを開発しています。
Intel
インテル | データセンター・ソリューション、IoT、PC イノベーション
クラウド・コンピューティング、データセンター、IoT、PCソリューションにおけるインテルのイノベーションが、日常のスマート・コネクテッドなデジタル環境を支えています。
NTT:日本電信電話株式会社
NTT / NTTグループ | 日本電信電話株式会社
NTTグループ公式ホームページ。ドコモ、東日本、西日本、データ等の国内、グローバル、持株会社を含むNTTグループ全体のビジョン、経営戦略、サステナビリティ、研究開発の最新技術、災害対策、社会貢献活動、ニュースリリース、投資家情報(IR情報)や各種レポートなどをご覧いただけます。
富士通
富士通 | Fujitsu Limited
OurPurpose:わたしたちのパーパスは、イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくことです。
株式会社サイバーエージェント
株式会社サイバーエージェント
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、新しい未来のテレビ「ABEMA」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。
電通
電通ウェブサイト
株式会社電通のウェブサイトです。会社や事業の概要、採用関連情報、サステナビリティへの取り組みなどをご紹介いたします。
ソフトバンクグループ
ソフトバンク
ソフトバンクの公式ホームページです。スマートフォン、携帯電話をはじめ、インターネット、固定電話、でんき、ロボットなどライフスタイルを豊かにする各種サービスやソフトバンクショップ、サポート、企業・IR情報などをご紹介します。
株式会社 ファーストリテイリング
株式会社 ファーストリテイリング
IBM
日本IBM
IBMは、あらゆるお客様の目標達成に向けた取り組みを支援し、世界にとって重要なイノベーションを1世紀以上にわたり生み出してきました。
野村総合研究所:NRI
NRI 野村総合研究所
野村総合研究所(NRI)の公式ホームページです。NRIからの提言や調査・レポート、商品サービス、ITソリューション事例、IR情報、採用情報、サステナビリティ情報などを掲載しています。
三菱総合研究所:MRI
三菱総合研究所(MRI)
三菱総合研究所(MRI)グループは、総合シンクタンクとして、経済・経営、政策・科学技術などの研究・提言から、分析・構想、設計・実証、そして社会実装まで、幅広い価値を提供しています。豊かで持続可能な未来の共創を使命として、社会課題を解決し、社会の変革を先駆けてまいります。
bitFlyer
https://bitflyer.com/ja-jp/
ブロックチェーン推進協会:BCCC
BCCC - ブロックチェーン推進協会
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会
JBA | 一般社団法人 日本ブロックチェーン協会 | Japan Blockchain Association
ブロックチェーン技術の健全な普及、発展に貢献するために2014年に設立された業界団体です。日本の業界をリードするブロックチェーン開発企業やスタートアップ、大企業、地方自治体など多様なメンバーが会員になっています。
OpenAI
OpenAI
IntroducingSora:Creatingvideofromtext
このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト
引用・参照元リンク集
タイトルとURLをコピーしました