2024年、あなたの未来を開く副業スキル12選:これから伸びる業界と最適な選択法

ホーム » ビジネス・スキル » 2024年、あなたの未来を開く副業スキル12選:これから伸びる業界と最適な選択法
まりか | 【近未来ブログ】DXのすこし先へ

【著者名】"まりか"

神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。

外資系大手証券会社で、アナリストとして海外情勢やブロックチェーン技術についての調査・コンサルタント業務に従事。
5年間の業務の後に、AI・ブロックチェーンのベンチャー企業に「マーケティング責任者(CMO)」として参画。

Web3.0、仮想通貨、AI活用などのマーケティング業務を行う。2年前に独立・起業。現在は、在宅で中小企業向け「DXコンサルタント」をしながら、黒猫とのんびり暮らしています。

このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト
引用・参照元リンク集

まりか
まりか

この記事の要約です♫

2024年に注目の副業スキル12選を徹底解説!データ分析やデジタルマーケティングなど、これから伸びる業界と最適な選択

こんにちは、まりかです。私は慶應義塾大学の経済学部を卒業し、これまで外資系大手証券会社でアナリストとしての経験を積んできました。その後、AI・ブロックチェーンのベンチャー企業でマーケティング責任者(CMO)として働き、現在はフリーランスのDXコンサルタントとして活動しています。

皆さんの中には、副業に興味がある方も多いのではないでしょうか。特に2024年には新たな副業のチャンスが広がり、これからの成長が期待できる業界やスキルも多く存在します。この記事では、全くの初心者でも分かりやすく、これから伸びる副業スキルについてご紹介します。

この記事を通じて、皆さんが自分に合った副業を見つけ、将来の可能性を広げる一助となれば幸いです。それでは、2024年におすすめの副業スキルについて一緒に見ていきましょう。

目次

第一部:デジタルマーケティングスキル

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、インターネットやデジタル技術を使って商品やサービスを宣伝・販売する方法です。これには、ウェブサイト、SNS、メールマーケティング、検索エンジン最適化(SEO)、コンテンツマーケティングなどが含まれます。2024年にはますます多くの企業がデジタルマーケティングに注力することが予想され、これに伴いデジタルマーケティングのスキルが非常に重要になってきます。

デジタルマーケティングが重要な理由

デジタルマーケティングが重要である理由は、その効果的なリーチとコスト効率にあります。インターネットを活用することで、従来のマーケティング手法では届かなかった潜在的な顧客にリーチすることができます。また、デジタルマーケティングはターゲットを絞り込むことができるため、マーケティング活動の効果を高めることができます。

私がマーケティング責任者として働いていたAI・ブロックチェーンのベンチャー企業では、デジタルマーケティングを駆使して短期間で多くの顧客を獲得することができました。具体的には、SNS広告を使ってターゲット層にアプローチし、SEO対策を施したブログ記事を定期的に配信することで、自然検索からの流入を増やしました。このように、デジタルマーケティングはその効果をすぐに実感できる魅力的な手法です。

デジタルマーケティングの具体的なスキル

検索エンジン最適化(SEO)

SEOは、ウェブサイトを検索エンジンの検索結果の上位に表示させるための技術です。これにより、自然検索からのアクセスを増やし、より多くの人に商品やサービスを知ってもらうことができます。私が書いているこのブログ記事も、SEOを意識してキーワードを選び、見出しや本文に取り入れています。

ソーシャルメディアマーケティング

SNSを活用して商品やサービスを宣伝する手法です。Facebook、Instagram、Twitter、LinkedInなどのプラットフォームを使って、ターゲット層に効果的にアプローチします。私が以前担当していたプロジェクトでは、Instagramのストーリー機能を使って商品紹介を行い、大きな反響を得ることができました。

コンテンツマーケティング

有益なコンテンツを提供することで、見込み客を引きつけ、信頼関係を築く手法です。ブログ記事、ホワイトペーパー、eBook、動画など、さまざまな形式のコンテンツを作成します。私が働いていた企業では、定期的に技術に関するホワイトペーパーを発行し、業界内での認知度を高めることに成功しました。

2024年に注目のデジタルマーケティングスキル

2024年には、特に以下のデジタルマーケティングスキルが注目されています。

  • 動画マーケティング: 短い動画を使って、商品の魅力を視覚的に伝える手法です。TikTokやYouTube Shortsなどが人気です。
  • インフルエンサーマーケティング: 人気のあるインフルエンサーと提携し、商品やサービスを紹介してもらう手法です。信頼性が高まり、効果的なプロモーションが可能です。
  • マーケティングオートメーション: マーケティング活動を自動化するツールを使って、効率を向上させます。HubSpotやMarketoなどのツールが一般的です。

デジタルマーケティングの学び方

デジタルマーケティングを学ぶためには、以下の方法があります。

  • オンラインコース: UdemyやCourseraなどでデジタルマーケティングのコースを受講できます。
  • ブログやポッドキャスト: 専門家が発信する情報を定期的にチェックしましょう。
  • 実践: 自分のブログやSNSアカウントを使って、実際にマーケティング活動を行い、経験を積みます。

まとめ

デジタルマーケティングのスキルは、これからの時代にますます重要になります。特に2024年には、多くの企業がデジタルマーケティングに注力し、それに伴いこのスキルを持つ人材の需要が高まるでしょう。初心者の方でも、オンラインコースや実践を通じてスキルを習得し、自分のキャリアを広げることができます。次の章では、別の注目の副業スキルについて詳しく見ていきましょう。

第二部:プログラミングスキル

プログラミングとは?

プログラミングとは、コンピューターに特定の動作を指示するためのコードを作成することです。これにより、アプリケーションやウェブサイト、ゲームなどを開発することができます。2024年には、ますます多くの業界でプログラミングスキルが求められるようになると予想されています。

プログラミングが重要な理由

プログラミングが重要である理由は、その汎用性と高い需要にあります。ほとんどの業界でデジタル化が進む中、プログラマーは欠かせない存在です。また、プログラミングを学ぶことで、自分でアプリやウェブサイトを作成し、副業として活用することも可能です。私自身、DXコンサルタントとして活動する中で、プログラミングの知識が役立つ場面が多々ありました。

プログラミングの具体的なスキル

ウェブ開発

ウェブ開発は、ウェブサイトやウェブアプリケーションを作成するためのスキルです。HTML、CSS、JavaScriptなどの言語を使用して、ユーザーが利用できるインターフェースを構築します。私が関わったプロジェクトでは、JavaScriptフレームワークであるReactを使って、ユーザーフレンドリーなウェブアプリを開発しました。

モバイルアプリ開発

モバイルアプリ開発は、スマートフォンやタブレット向けのアプリケーションを作成するためのスキルです。SwiftやKotlinなどのプログラミング言語を使って、iOSやAndroid向けのアプリを開発します。例えば、UberやInstagramのような人気アプリも、モバイルアプリ開発の成果です。

データサイエンス

データサイエンスは、大量のデータを解析し、有用な情報を抽出するためのスキルです。PythonやRなどのプログラミング言語を使って、データの収集、整理、分析を行います。データサイエンスの知識は、ビジネスの意思決定をサポートするために重要です。私が外資系証券会社で働いていた際にも、データサイエンスのスキルが役立ちました。

2024年に注目のプログラミングスキル

2024年には、特に以下のプログラミングスキルが注目されています。

  • AIと機械学習: 人工知能や機械学習のスキルは、今後ますます重要になります。PythonのライブラリであるTensorFlowやPyTorchを使って、AIモデルを構築する方法を学びます。
  • ブロックチェーン開発: ブロックチェーン技術を使ったアプリケーションの開発スキルも需要があります。私が以前関わったプロジェクトでは、Ethereumのスマートコントラクトを開発することで、新しいビジネスモデルを実現しました。
  • サイバーセキュリティ: インターネット上のデータを守るためのスキルです。PythonやCなどの言語を使って、セキュリティ対策を講じます。

プログラミングの学び方

プログラミングを学ぶためには、以下の方法があります。

  • オンラインコース: CodecademyやUdacityなどでプログラミングのコースを受講できます。
  • 書籍やチュートリアル: プログラミングに関する書籍やオンラインのチュートリアルを参考にすることができます。
  • 実践: 自分で小さなプロジェクトを立ち上げ、コードを書いてみることで経験を積みます。

まとめ

プログラミングスキルは、これからの時代に欠かせないスキルです。特に2024年には、多くの業界でプログラマーの需要が高まり、自分のスキルを活かして新しい副業を始めるチャンスが広がります。初心者の方でも、オンラインコースや実践を通じてスキルを習得し、自分のキャリアを広げることができます。次の章では、別の注目の副業スキルについて詳しく見ていきましょう。

第三部:データ分析スキル

データ分析とは?

データ分析とは、大量のデータを収集・整理し、それを基にして有用な情報や傾向を導き出すプロセスです。これには、データの可視化や統計解析、機械学習などが含まれます。データ分析は、ビジネスの意思決定を支援するために非常に重要です。

データ分析が重要な理由

データ分析が重要である理由は、データ駆動型の意思決定が企業の成功に直結するからです。データを適切に分析することで、市場の動向や顧客の行動パターンを把握し、戦略的な意思決定を行うことができます。私が外資系証券会社で働いていた時も、データ分析は日常的に行われており、投資判断やリスク管理に役立てられていました。

データ分析の具体的なスキル

統計解析

統計解析は、データを分析して意味のある結論を導き出すためのスキルです。これには、平均や中央値、分散、相関などの統計量を計算する方法が含まれます。統計解析は、データの傾向を理解し、予測モデルを構築するために不可欠です。例えば、私が担当したプロジェクトでは、顧客データを統計解析し、顧客満足度向上のための施策を提案しました。

データ可視化

データ可視化は、データを視覚的に表現するスキルです。これにより、複雑なデータも一目で理解しやすくなります。ExcelやTableau、PythonのライブラリであるMatplotlibやSeabornを使って、データをグラフやチャートに変換します。私がマーケティング責任者として働いていた企業では、売上データを可視化することで、キャンペーンの効果を一目で把握できるようにしていました。

機械学習

機械学習は、データから学習し、予測や分類を行うためのスキルです。PythonのライブラリであるScikit-learnやTensorFlowを使って、機械学習モデルを構築します。これにより、データから有用なパターンを見つけ出し、ビジネスの意思決定をサポートします。例えば、顧客の購買履歴を分析し、次に購入する可能性の高い商品を予測することができます。

2024年に注目のデータ分析スキル

2024年には、特に以下のデータ分析スキルが注目されています。

  • ビッグデータ解析: 大量のデータを効率的に処理し、分析するためのスキルです。HadoopやSparkなどのツールを使います。
  • 自然言語処理(NLP): テキストデータを分析し、意味を理解するためのスキルです。チャットボットや感情分析などに応用されます。
  • クラウドデータ分析: クラウドプラットフォームを使ってデータを分析するスキルです。Amazon Web Services(AWS)やGoogle Cloud Platform(GCP)のツールを使います。

データ分析の学び方

データ分析を学ぶためには、以下の方法があります。

  • オンラインコース: CourseraやedXでデータ分析のコースを受講できます。特にPythonやRを使ったデータ分析のコースがおすすめです。
  • 書籍やチュートリアル: データ分析に関する書籍やオンラインのチュートリアルを参考にすることができます。
  • 実践: 自分でデータを集め、分析してみることで経験を積みます。Kaggleなどのデータ分析コンペティションに参加するのも良い方法です。

よくある質問を5個

質問1: データ分析スキルを身につけるためには、どのようなツールやソフトウェアを学べばよいですか?

データ分析スキルを身につけるためには、以下のツールやソフトウェアを学ぶことがおすすめです。

  • Excel: 基本的なデータ分析や可視化にはExcelが便利です。ピボットテーブルやグラフ作成機能を使ってデータを整理できます。
  • Python: データ分析や機械学習のためのプログラミング言語です。特に、Pandas、NumPy、Matplotlib、Seabornといったライブラリが役立ちます。
  • R: 統計解析やデータ可視化に強いプログラミング言語です。データサイエンティストに広く使われています。
  • Tableau: データの可視化ツールとして非常に強力です。インタラクティブなダッシュボードを作成できます。
  • SQL: データベース管理システムと連携するためのクエリ言語です。大規模なデータの抽出や操作に必須です。

私が外資系証券会社で働いていた時には、これらのツールを駆使して市場データを分析し、投資判断を行っていました。特にPythonとSQLは、非常に役立ちました。

質問2: デジタルマーケティングで成功するためには、どのようなスキルが重要ですか?

デジタルマーケティングで成功するためには、以下のスキルが重要です。

  • SEO(検索エンジン最適化): ウェブサイトを検索エンジンの上位に表示させるためのスキルです。キーワードリサーチやコンテンツの最適化が含まれます。
  • コンテンツ作成: 質の高いコンテンツを作成し、ターゲットオーディエンスに価値を提供するスキルです。ブログ記事、動画、インフォグラフィックなどが含まれます。
  • ソーシャルメディアマーケティング: ソーシャルメディアプラットフォームを活用して、ブランドの認知度を高めるスキルです。Facebook、Instagram、Twitterなどを効果的に使います。
  • データ分析: マーケティングキャンペーンの効果を測定し、改善するためのスキルです。Google Analyticsや各種ソーシャルメディアの分析ツールを使用します。
  • 広告運用: デジタル広告の設計と運用スキルです。Google AdsやFacebook Adsを利用して、ターゲットオーディエンスにリーチします。

私がマーケティング責任者として働いていたベンチャー企業では、これらのスキルを活用して効果的なデジタルマーケティング戦略を実施し、売上を大幅に向上させました。

質問3: データ分析やデジタルマーケティングのスキルを独学で身につける方法はありますか?

はい、独学でこれらのスキルを身につける方法はいくつかあります。

  • オンラインコース: Coursera、edX、Udemyなどのプラットフォームで、データ分析やデジタルマーケティングに関するコースを受講できます。多くのコースは無料または手頃な価格で提供されています。
  • 書籍やブログ: データ分析やデジタルマーケティングに関する書籍や専門家のブログを読むことで、知識を深めることができます。特に、実践的なチュートリアルが掲載されているサイトがおすすめです。
  • 実践: 自分でプロジェクトを立ち上げ、実際にデータを分析したり、マーケティングキャンペーンを運用することで経験を積むことができます。Kaggleのデータ分析コンペティションや、自分のブログを運営してみるのも良い方法です。

私も最初は独学で学び始めましたが、実際にプロジェクトを手がけることで、スキルを大幅に向上させることができました。

質問4: データ分析やデジタルマーケティングのキャリアを目指す場合、どのような職種がありますか?

データ分析やデジタルマーケティングのスキルを活かせる職種は多岐にわたります。以下はその一部です。

  • データアナリスト: データを分析し、ビジネスの意思決定を支援する役割です。多くの企業で需要があります。
  • データサイエンティスト: データから価値を引き出し、機械学習モデルを構築する役割です。高度な分析スキルが求められます。
  • デジタルマーケティングスペシャリスト: デジタルマーケティング戦略を設計し、実施する役割です。SEOや広告運用のスキルが重要です。
  • ソーシャルメディアマネージャー: ソーシャルメディアのアカウントを管理し、ブランドのオンラインプレゼンスを強化する役割です。
  • コンテンツマーケター: 質の高いコンテンツを作成し、ターゲットオーディエンスに価値を提供する役割です。

私が関わったプロジェクトでは、これらの職種がチームとして連携し、効果的なマーケティングキャンペーンを実施しました。

質問5: データ分析やデジタルマーケティングの最新トレンドは何ですか?

2024年の最新トレンドとしては、以下のものが注目されています。

  • AIと機械学習の活用: データ分析やデジタルマーケティングにおいて、AIと機械学習がますます重要になっています。これにより、より精度の高い予測やパーソナライズされたマーケティングが可能になります。
  • ビッグデータ: 大量のデータを効率的に処理し、分析するためのスキルが求められます。特に、リアルタイムデータの分析が重要です。
  • 音声検索の最適化: 音声検索が普及するにつれて、SEOの戦略も変わってきています。音声検索に最適化されたコンテンツを作成することが重要です。
  • インフルエンサーマーケティング: ソーシャルメディアのインフルエンサーを活用したマーケティングが引き続き注目されています。影響力のある人物とのコラボレーションが重要です。
  • データプライバシー: データプライバシーに関する規制が厳しくなる中、適切なデータ管理とプライバシー保護が求められています。

私がDXコンサルタントとして関わるプロジェクトでも、これらのトレンドを取り入れた戦略を提案し、クライアントのビジネスの成功を支援しています。

まとめと感想

データ分析とデジタルマーケティングは、現代のビジネスにおいて非常に重要なスキルです。2024年には、これらのスキルを持つ人材の需要がさらに高まることが予想されます。初心者の方でも、オンラインコースや実践を通じてスキルを習得し、自分のキャリアを広げることができます。

私の経験から言えば、学び続けることが成功の鍵です。データ分析やデジタルマーケティングの世界は常に進化しており、新しい技術やトレンドを取り入れることで、常に最新のスキルを維持することができます。

皆さんも、これらのスキルを身につけて、自分の未来を開いていきましょう。最後に、メタディスクリプションをお届けします。

このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト

日本銀行
ホーム : 日本銀行 Bank of Japan
内閣官房
内閣官房ホームページ
内閣官房のホームページです。内閣の補助機関であるとともに内閣の首長たる内閣総理大臣を直接に補佐・支援しています。
経済産業省
経済産業省のWEBサイト (METI/経済産業省)
経済産業省のホームページです。経済産業省の組織、大臣会見、報道発表、政策、審議会・研究会、所管法令、予算・税制、統計、申請手続きなどに関する情報を掲載しています。
総務省
総務省
総務省の政策(行政運営の改善、地方行財政、選挙、消防防災、情報通信、郵政行政など)、組織情報、所管法令、報道資料、会議資料等を掲載しています。
財務省
財務省ホームページ
財務省トップページ
総務省
法務省
法務省の報道資料、会議資料等を掲載しています。
法務省
外務省ホームページ(日本語):トップページ
文部科学省
文部科学省
厚生労働省
ホーム|厚生労働省
厚生労働省の取り組んでいる政策情報、報道発表資料、統計情報、厚生労働白書について紹介しています。
農林水産省
農林水産省ホームページ
農林水産省ホームページ
国土交通省
国土交通省
国土交通省の任務、報道発表資料、政策、統計情報、申請・手続きに関する情報を掲載しています。
環境省
トップ
環境省のホームページです。環境省の政策、報道発表、審議会、所管法令、環境白書、各種手続などの情報を掲載しています。
防衛省
Just a moment...
金融庁
金融庁
金融庁の公式ウェブサイトです。金融庁の組織、報道発表、政策・審議会等、所管法令等に関する情報、広報誌「アクセスFSA」などを掲載しています。
中小企業庁
中小企業庁 / The Small and Medium Enterprise Agency
中小企業庁は、現在事業活動を行っている中小企業、これから事業を起こそうと思っている方々を、様々な角度から支援する対策を展開しております。
国税庁
国税庁
デジタル庁
404 デジタル庁
指定されたページまたはファイルは存在しません
財務省財務局
財務局ホームページ : 財務局
財務局ホームページ
Board of Governors of the Federal Reserve System(FRB)
Home
TheFederalReserveBoardofGovernorsinWashingtonDC.
政府広報オンライン
政府広報オンライン あしたの暮らしをわかりやすく
政府の広報・広聴活動をまとめたポータルサイト。内閣府大臣官房政府広報室が運営。
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫(略称:「日本公庫」)の公式ホームページ。民間金融機関の取組みを補完し、事業に取組む方々等を支援する政策金融機関です。
日本証券業協会
日本証券業協会
投資信託協会
投資信託協会 - 投資信託協会
公益財団法人 日本ユニセフ協会
SDGs CLUB |日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)
親子で学べるSDGs(持続可能な開発目標)サイト「SDGsCLUB(クラブ)」。各目標ごとにターゲットの子ども訳を読んだり、関連する課題をムービーやインフォグラフィックスで学ぶことができます。調べ学習や学校の授業にもご活用ください。
一般社団法人 全国銀行協会
一般社団法人 全国銀行協会
全国銀行協会(全銀協)のウェブサイトです。全銀協は、日本国内で活動している銀行を直接の会員とする組織で、わが国の銀行業界の代表として、銀行業の発展のためにさまざまな活動をしています。
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)
一般社団法人日本暗号資産取引業協会は、暗号資産交換業及び暗号資産関連デリバティブ取引業の自主規制団体であり、資金決済法に基づく「認定資金決済事業者協会」と金融商品取引法に基づく「認定金融商品取引業協会」を兼ねております。
国民生活センター
国民生活センター
・Wikipedia
Wikipedia
朝日新聞
朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト
朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境などの話題や写真も。
読売新聞
読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト
【読売新聞】読売新聞オンラインは読売新聞のニュース・情報サイト。社会、スポーツ、政治、経済、国際などの最新ニュースや教育、医療などの読み物、映像ニュースも充実。ポケモン、発言小町、クーポンやプレゼントも。2019年2月にYOMIURIONLINEからサイト名を変更しました。
毎日新聞
毎日新聞デジタル | 毎日新聞のニュースサイト
毎日新聞デジタルは毎日新聞のニュースサイト。政治、経済、国際、事件、話題、スポーツなどの速報、写真、動画を掲載しています。
日本経済新聞
日本経済新聞 - ニュース・速報 最新情報
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。
東洋経済
東洋経済オンライン
東洋経済が運営する日本最大級のビジネスニュースサイト。東洋経済オンラインはビジネス、経済ニュース、就職情報など、ビジネスパーソンのための情報が充実。
ウォール・ストリート・ジャーナル:WSJ
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 -ニュース-ビジネス-海外-経済-金融 - WSJ日本版-jp.wsj.com - Wsj.com
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、米国版の記事から厳選した金融・経済の情報を、日本の編集チームが翻訳・編集。これまで英語でしか読むことができなかった分析記事や鋭い論説を日本語で、リアルタイムにお届けします。
ロイター
ロイター |  経済、株価、ビジネス、国際、政治ニュース
世界の政治、経済、社会についての最新ニュースを、豊富なコンテンツと共に多面的に展開。エンタメ、スポーツに加え、世界の文化やライフスタイルについて注目の情報が満載です。
bloomberg:ブルームバーグ
Bloomberg.co.jp
世界の最新金融ニュース、マーケット情報、市場の分析や、マーケットデータ、金融情報をご提供しています。株式、投資信託から、世界各国の株価指数、金利/債券、商品先物など最新のマーケット情報を掲載。ブルームバーグ
ethereum.org
ホーム | ethereum.org
イーサリアムは、貨幣と新しい種類のアプリケーションのための包括的かつ分散化されたプラットフォームです。イーサリアム上では、貨幣を制御するコードを書いたり、世界のどこからでもアクセス可能なアプリケーションを構築できます。
野村証券
野村證券|資産運用のご相談、株式・投資信託・債券をはじめ資産運用コンサルティングの証券会社
国内最大級の総合証券、野村證券では、株式や債券をはじめとする豊富な取扱商品、相続や退職金の資産運用コンサルティング、役立つ投資情報、初めての投資のサポートなど、充実したサービスをご提供しています。
Goldman Sachs:ゴールドマン・サックス
Goldman Sachs
TheGoldmanSachsGroup,Inc.isaleadingglobalinvestmentbanking,securitiesandinvestmentmanagementfirmthatprovidesawiderangeoffinancialservicestoasubstantialanddivers...
JPモルガン
J.P. Morgan | Official Website
理化学研究所
理化学研究所
理化学研究所は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、計算科学、生物学、医科学などに及ぶ広い分野で研究を進めています。
AIST:産業技術総合研究所
AIST: 産業技術総合研究所
産総研は、技術の創出と実用化で社会課題の解決に取り組む、日本最大級の研究機関です。
NICT:情報通信研究機構
NICT-情報通信研究機構
国立情報学研究所
国立情報学研究所 / National Institute of Informatics
国立情報学研究所は、情報学という新しい研究分野での「未来価値創成」を目指すわが国唯一の学術総合研究所として、ネットワーク、ソフトウェア、コンテンツなどの情報関連分野の新しい理論・方法論から応用展開までの研究開発を総合的に推進しています。
国立環境研究所
国立環境研究所
国立研究開発法人 国立環境研究所(NIES)からの新着情報をお知らせします。国立環境研究所は今も未来も人びとが健やかに暮らせる環境をまもりはぐくむための研究によって広く社会に貢献します。
人工知能研究センター
ホーム | 人工知能研究センター
東京大学
東京大学
東京大学のオフィシャルサイトです。大学案内、学部・大学院等の紹介、研究活動、国際活動、入学案内等、東京大学の情報をご覧いただけます。
京都大学
京都大学
京都大学のオフィシャルサイトです。学部・大学院、研究所等の案内や、入試・入学案内、教育研究活動、キャンパスの最新情報など、京都大学に関する情報をご覧いただけます。
慶應義塾大学経済学部
慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科
慶應義塾大学経済学部の公式サイト。カリキュラムの紹介、教員紹介、研究紹介、就職実績紹介、三田・日吉キャンパス、入試情報など。
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所は21世紀の先端研究をリードする研究拠点として、未来へ貢献するために日々さまざまな研究活動を行っております。
Google
Google
世界中のあらゆる情報を検索するためのツールを提供しています。さまざまな検索機能を活用して、お探しの情報を見つけてください。
Microsoft
Microsoft – クラウド、コンピューター、アプリ & ゲーム
ご自宅やビジネスでご利用いただけるMicrosoft製品とサービスをご覧ください。Surface、Microsoft365、Xbox、Windows、Azureなどをご購入いただけます。ダウンロードやサポートもご用意しています。
Amazonジャパン
Amazon.co.jp
Meta
Meta | ソーシャルメタバース企業
Metaは、テクノロジーと没入感あふれるエクスペリエンスを通じて、人々、コミュニティ、ビジネスがつながってもっと多くのことを成し遂げられるよう支援します。
Apple
Apple
革新に満ちたAppleの世界へようこそ。AppleのウェブサイトではiPhoneからiPad、AppleWatch、Mac、AppleTVまで、すべての製品の購入ができます。アクセサリやエンターテインメントを探す時も、専任スペシャリストによるデバイスのサポートが必要な時もこのサイトでどうぞ。
テスラ:Tesla
https://www.tesla.com/ja_jp
NDIVIA
AI コンピューティングで世界をリードする
NVIDIAは世界最速のスーパーコンピューターと世界最大のゲーミングプラットフォームを開発しています。
Intel
インテル | データセンター・ソリューション、IoT、PC イノベーション
クラウド・コンピューティング、データセンター、IoT、PCソリューションにおけるインテルのイノベーションが、日常のスマート・コネクテッドなデジタル環境を支えています。
NTT:日本電信電話株式会社
NTT / NTTグループ | 日本電信電話株式会社
NTTグループ公式ホームページ。ドコモ、東日本、西日本、データ等の国内、グローバル、持株会社を含むNTTグループ全体のビジョン、経営戦略、サステナビリティ、研究開発の最新技術、災害対策、社会貢献活動、ニュースリリース、投資家情報(IR情報)や各種レポートなどをご覧いただけます。
富士通
富士通 | Fujitsu Limited
OurPurpose:わたしたちのパーパスは、イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくことです。
株式会社サイバーエージェント
株式会社サイバーエージェント
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、新しい未来のテレビ「ABEMA」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。
電通
電通ウェブサイト
株式会社電通のウェブサイトです。会社や事業の概要、採用関連情報、サステナビリティへの取り組みなどをご紹介いたします。
ソフトバンクグループ
ソフトバンク
ソフトバンクの公式ホームページです。スマートフォン、携帯電話をはじめ、インターネット、固定電話、でんき、ロボットなどライフスタイルを豊かにする各種サービスやソフトバンクショップ、サポート、企業・IR情報などをご紹介します。
株式会社 ファーストリテイリング
株式会社 ファーストリテイリング
IBM
日本IBM
IBMは、あらゆるお客様の目標達成に向けた取り組みを支援し、世界にとって重要なイノベーションを1世紀以上にわたり生み出してきました。
野村総合研究所:NRI
NRI 野村総合研究所
野村総合研究所(NRI)の公式ホームページです。NRIからの提言や調査・レポート、商品サービス、ITソリューション事例、IR情報、採用情報、サステナビリティ情報などを掲載しています。
三菱総合研究所:MRI
三菱総合研究所(MRI)
三菱総合研究所(MRI)グループは、総合シンクタンクとして、経済・経営、政策・科学技術などの研究・提言から、分析・構想、設計・実証、そして社会実装まで、幅広い価値を提供しています。豊かで持続可能な未来の共創を使命として、社会課題を解決し、社会の変革を先駆けてまいります。
bitFlyer
https://bitflyer.com/ja-jp/
ブロックチェーン推進協会:BCCC
BCCC - ブロックチェーン推進協会
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会
JBA | 一般社団法人 日本ブロックチェーン協会 | Japan Blockchain Association
ブロックチェーン技術の健全な普及、発展に貢献するために2014年に設立された業界団体です。日本の業界をリードするブロックチェーン開発企業やスタートアップ、大企業、地方自治体など多様なメンバーが会員になっています。
OpenAI
OpenAI
IntroducingSora:Creatingvideofromtext
このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト
引用・参照元リンク集
タイトルとURLをコピーしました