メタバースはオンラインゲームで加速する!仮想空間の魅力と課題、これからの展望

ホーム » メタバース » メタバースはオンラインゲームで加速する!仮想空間の魅力と課題、これからの展望
まりか | 【近未来ブログ】DXのすこし先へ

【著者名】"まりか"

神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。

外資系大手証券会社で、アナリストとして海外情勢やブロックチェーン技術についての調査・コンサルタント業務に従事。
5年間の業務の後に、AI・ブロックチェーンのベンチャー企業に「マーケティング責任者(CMO)」として参画。

Web3.0、仮想通貨、AI活用などのマーケティング業務を行う。2年前に独立・起業。現在は、在宅で中小企業向け「DXコンサルタント」をしながら、黒猫とのんびり暮らしています。

このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト
引用・参照元リンク集

まりか
まりか

この記事の要約です♫

メタバースの魅力、課題、未来展望について初心者向けに解説。技術の進化や具体的事例を交え、仮想空間の可能性を探ります。

皆さん、こんにちは。まりかです。今回は、最近注目を集めている「メタバース」についてお話しします。特に、オンラインゲームの世界でメタバースがどのように進化し、私たちの日常生活にどのような影響を与えているのかに焦点を当てます。初心者の方にもわかりやすく、具体的な例や私自身の経験を交えながら、メタバースの魅力や課題、そして未来の展望について詳しく解説していきます。それでは、メタバースの世界へ一緒に旅立ちましょう。

目次

第一部:メタバースとは何か?

メタバースの定義と基本概念

メタバースという言葉を最近よく耳にするようになりましたが、具体的にどのようなものかご存知でしょうか?メタバースとは、仮想空間の中で現実のように人々が活動し、コミュニケーションをとることができるデジタルの世界のことを指します。この言葉は、”meta”(超越した)と”universe”(宇宙)の組み合わせから来ており、「超宇宙」とも訳されます。簡単に言うと、インターネット上の仮想空間で、人々がアバターとして存在し、様々な活動を行う場所です。

メタバースの歴史と進化

メタバースの概念は、1980年代のサイバーパンク小説に由来します。特に、ニール・スティーヴンスンの1992年の小説『スノウ・クラッシュ』は、メタバースのアイデアを広めた作品として知られています。この小説では、人々が仮想現実の中で生活し、仕事をし、社交を楽しむ未来像が描かれています。

実際の技術としてのメタバースの進化は、インターネットの普及とともに加速しました。2000年代初頭には、オンラインゲームの『セカンドライフ』が注目を集め、ユーザーが仮想の世界でビジネスを行い、現実のお金を稼ぐことができるようになりました。最近では、VR(仮想現実)技術の進歩により、より没入感のあるメタバース体験が可能となっています。

オンラインゲームとメタバースの関係

オンラインゲームは、メタバースの普及を大きく後押ししている分野の一つです。例えば、『フォートナイト』や『ロブロックス』などの人気ゲームは、単なるゲームプレイの枠を超えて、ユーザー同士がコミュニケーションをとり、イベントを開催する場として機能しています。

『フォートナイト』では、2020年にトラヴィス・スコットのバーチャルコンサートが開催され、約1230万人のプレイヤーが同時に参加しました。このようなイベントは、従来のコンサートやライブの枠を超えた新しいエンターテインメントの形として注目されています。

メタバースの具体的な利用例

日本でも、メタバースの活用が進んでいます。例えば、ソニーの『PlayStation VR』は、家庭用ゲーム機として高い人気を誇り、VR空間でのゲームプレイを楽しむことができます。また、NTTドコモは、仮想現実空間での会議や商談を可能にするサービスを提供しており、ビジネスの場面でもメタバースの利用が広がっています。

私の体験談:初めてのメタバース体験

私が初めてメタバースを体験したのは、2010年代の初頭、『セカンドライフ』という仮想空間でした。この仮想空間では、現実ではできないような建物の設計や、世界中の人々とのコミュニケーションを楽しむことができました。当時はまだ技術的な制約が多く、操作が難しかった部分もありましたが、その後のVR技術の進化により、現在ではより自然で没入感のある体験が可能になっています。

まとめ

メタバースは、オンラインゲームを通じて大きな進化を遂げ、私たちの日常生活やビジネスにも影響を与え始めています。次の章では、メタバースの魅力について、さらに詳しく掘り下げていきます。

第二部:メタバースの魅力

メタバースがもたらす新しい体験

メタバースの最大の魅力は、現実では体験できないようなことを仮想空間で楽しむことができる点です。例えば、現実では訪れることが難しい場所や時代にタイムスリップして、歴史的な出来事を目の当たりにすることができます。また、好きなアニメの世界に入り込み、そのキャラクターたちと一緒に冒険することも可能です。

現実世界との統合

メタバースは、仮想空間と現実世界を融合させることができる点でも注目されています。例えば、AR(拡張現実)技術を使って、現実の風景に仮想のオブジェクトを重ね合わせることができます。これにより、観光地を訪れる際に、過去の建物や歴史的な出来事を再現したり、ショッピングモールで商品の詳細情報を表示させたりすることができます。

社交とコミュニティの形成

メタバースは、人々が仮想空間で自由にコミュニケーションを取ることができる場でもあります。オンラインゲームやソーシャルメディアのように、メタバース内で友達を作り、一緒に活動を楽しむことができます。特に、COVID-19の影響で物理的な距離を保つ必要がある中で、メタバースは新しい社交の場として重要性を増しています。

エンターテインメントの新しい形

メタバースは、エンターテインメントの新しい形を提供しています。例えば、先ほど触れた『フォートナイト』でのトラヴィス・スコットのバーチャルコンサートは、その一例です。これに加えて、メタバース内で映画のプレミア上映や、ライブパフォーマンス、スポーツイベントなどが開催されるようになっており、現実世界と同じように楽しむことができます。

教育と学習の革命

メタバースは、教育の分野でも大きな可能性を秘めています。例えば、仮想教室で世界中の学生が集まり、一緒に学ぶことができます。これにより、地理的な制約を超えて、質の高い教育を受けることができます。また、VRを使ったシミュレーション学習では、医学や工学などの専門分野で、実際の作業を仮想空間で練習することができます。これにより、学生は安全な環境で実践的なスキルを習得することができます。

具体例:日本と世界のメタバース活用事例

日本では、メタバースの利用が進んでいる企業の一例として、バンダイナムコの『VR ZONE SHINJUKU』があります。ここでは、最新のVR技術を使って、様々なアトラクションを楽しむことができます。例えば、ドラゴンボールの世界に入り込んで、実際にカメハメ波を放つ体験ができるアトラクションがあります。

一方、世界では、Facebook(現Meta)がメタバースの分野で大きな注目を集めています。同社は、VRプラットフォーム『Horizon Worlds』を通じて、ユーザーが自由に仮想空間を作り出し、他のユーザーと交流することができる環境を提供しています。このプラットフォームは、教育、ビジネス、エンターテインメントなど、様々な用途で利用されています。

私の体験談:メタバースでのビジネスミーティング

私がメタバースで初めてビジネスミーティングを行ったのは、NTTドコモの仮想会議サービスを利用した時でした。仮想空間内でアバターを使って会議を行うことで、物理的な距離を超えて、リアルタイムでコミュニケーションを取ることができました。この経験は、特に海外のクライアントとの打ち合わせにおいて非常に有益でした。従来のビデオ会議よりも没入感が高く、より自然なコミュニケーションが可能でした。

まとめ

メタバースは、現実世界では体験できない新しい体験を提供し、エンターテインメント、教育、ビジネスなど様々な分野で大きな可能性を秘めています。次の章では、メタバースの課題について詳しく見ていきます。

第三部:メタバースの課題

技術的な課題

メタバースの実現には、高度な技術が必要です。現在の技術では、以下のような課題が存在します。

  1. インフラの整備: メタバースを快適に利用するためには、高速で安定したインターネット接続が不可欠です。特に、VRやARを活用したメタバースでは、大量のデータをリアルタイムで処理する必要があるため、高速なネットワークが必要です。しかし、全世界で均一にこのようなインフラが整っているわけではありません。
  2. デバイスの進化: メタバースを体験するためには、VRゴーグルやARグラスなどの専用デバイスが必要です。これらのデバイスは高価であり、また、長時間使用すると疲労を感じることもあります。さらに、デバイスの普及が進まない限り、メタバースの普及も限定的なものに留まるでしょう。
  3. 技術の互換性: 現在、多くの企業が独自のメタバースプラットフォームを開発していますが、それぞれの技術が互換性を持たないことが問題となっています。例えば、Facebookの『Horizon Worlds』とソニーの『PlayStation VR』が相互に連携することは難しいです。これにより、ユーザーが複数のプラットフォームを利用する際に不便を感じることがあります。

法的および倫理的な課題

メタバースには、法的および倫理的な課題も多く存在します。

  1. プライバシーの保護: メタバース内では、ユーザーの行動や発言が記録されることが一般的です。この情報が不正に利用されるリスクがあり、プライバシーの保護が重要な課題となります。例えば、ユーザーの個人情報が第三者に漏洩した場合、その被害は計り知れません。
  2. 著作権の問題: メタバース内では、ユーザーが自由にコンテンツを作成し共有することができますが、その際に著作権侵害が発生するリスクがあります。例えば、他人が作成したキャラクターや音楽を無断で使用することは法律で禁止されています。これを防ぐためのルール作りが必要です。
  3. 倫理的な問題: メタバース内では、現実世界と同様にいじめやハラスメントが発生する可能性があります。特に、匿名性が高いため、悪意のある行動が起こりやすい環境でもあります。これを防ぐためには、厳格な監視体制や適切な対処方法が必要です。

経済的な課題

メタバースの普及には経済的な課題も伴います。

  1. コストの問題: メタバースを構築し維持するためには、多大なコストがかかります。特に、高品質な仮想空間を提供するためには、最新の技術と設備が必要です。これにより、小規模な企業や個人がメタバースを利用する際のハードルが高くなっています。
  2. ビジネスモデルの確立: メタバース内でのビジネスモデルはまだ確立されていません。例えば、仮想空間での広告や商品販売がどのように収益化されるのか、具体的な方法が確立されていない状況です。これにより、企業がメタバースに投資するリスクが高くなっています。

社会的な課題

メタバースは社会的な課題も引き起こします。

  1. デジタルデバイド: メタバースの普及に伴い、技術にアクセスできる人とできない人との間でデジタルデバイド(情報格差)が広がる可能性があります。特に、高齢者や低所得者層は、最新の技術にアクセスする機会が限られているため、この格差が拡大する恐れがあります。
  2. リアルとの乖離: メタバースの仮想空間に没入しすぎることで、現実世界とのバランスを崩す人が増える可能性があります。例えば、仮想空間での生活が主となり、現実世界での社会的なつながりが希薄になることが懸念されます。

私の体験談:メタバースの課題に直面して

私がメタバースの課題に直面した経験として、あるプロジェクトでVR会議システムを導入しようとした際、参加者の多くがインフラの問題で接続が不安定だったことがありました。この経験から、技術的なインフラの整備がいかに重要であるかを痛感しました。また、仮想空間での会議は新鮮で楽しい反面、慣れないデバイスの使用により、長時間の会議は非常に疲れるという問題も感じました。

まとめ

メタバースは多くの魅力を持つ一方で、技術的、法的、経済的、社会的な課題も多く存在します。これらの課題を解決するためには、技術の進化だけでなく、法整備や社会の理解が必要です。次の章では、メタバースの未来の展望について詳しく見ていきます。

第四部:メタバースの未来展望

メタバースの進化と技術の発展

メタバースは、今後さらに進化し、技術の発展とともに多くの可能性を秘めています。まず、インフラの改善が大きな役割を果たします。例えば、5Gや6Gの普及により、高速かつ低遅延のネットワークが実現され、よりスムーズでリアルな仮想体験が可能になるでしょう。

5Gと6Gの影響

5Gの普及により、データの転送速度が飛躍的に向上し、メタバース内でのリアルタイムコミュニケーションが可能になります。これにより、仮想会議や仮想イベントが現実世界と同じように行われるようになるでしょう。また、6Gの到来により、さらに高度な仮想現実が実現し、より没入感のある体験が可能になります。

AIとメタバースの融合

AI(人工知能)もメタバースの進化に重要な役割を果たします。AIを活用することで、仮想空間内での対話や行動がより自然になるとともに、ユーザーの好みや行動を学習して、パーソナライズされた体験を提供することができます。例えば、AIがユーザーの好みに応じた仮想イベントを推薦したり、学習内容をカスタマイズしたりすることが可能です。

ブロックチェーンと仮想経済

メタバース内での経済活動を支える技術として、ブロックチェーンが注目されています。ブロックチェーンは、取引の透明性と安全性を確保するための技術であり、仮想通貨やNFT(非代替性トークン)を活用することで、メタバース内での資産の売買や取引が容易になります。例えば、アート作品やゲームアイテムなどのデジタル資産を仮想通貨で取引することができ、現実世界と同じように経済活動が行われます。

日本と世界の未来展望

日本においても、メタバースの活用が進むことが予想されます。例えば、観光業では、仮想空間を活用したバーチャルツアーが提供されることで、遠隔地からでも日本の魅力を体験できるようになります。また、教育分野では、仮想教室や仮想実験室が普及し、より効果的な学習環境が整備されるでしょう。

世界では、メタバースのビジネス活用が進むことが期待されます。例えば、リモートワークが一般化する中で、仮想オフィスが普及し、社員がどこからでも参加できる仮想会議やコラボレーションが可能になります。さらに、メタバース内でのマーケティング活動や広告展開が増加し、新しいビジネスチャンスが生まれるでしょう。

私の体験談:未来のメタバースへの期待

私がメタバースの未来に期待するのは、より多くの人々がアクセスできるようになることです。特に、技術の進化とともに、デバイスの価格が下がり、より手軽にメタバースを体験できるようになることが重要です。実際に、私が関わったプロジェクトでは、AIを活用してユーザーの行動を分析し、パーソナライズされた仮想体験を提供する取り組みを行いました。このような技術が進化することで、ユーザー一人ひとりに合わせた最適な体験が提供されることを期待しています。

まとめ

メタバースは、技術の進化とともに多くの可能性を秘めています。5Gや6Gの普及、AIとブロックチェーンの融合により、仮想空間での体験がさらに豊かになるでしょう。日本や世界での活用事例が増えることで、私たちの生活やビジネスのあり方が大きく変わることが予想されます。次の章では、メタバースに関するよくある質問を5つ取り上げて、詳しく解説していきます。

よくある質問

質問1: メタバースはどのように始めればよいですか?

メタバースを始めるためには、まず必要なデバイスとソフトウェアを準備することが重要です。以下のステップで始めることができます。

  1. デバイスの準備: メタバースを体験するためには、VRゴーグルやARグラス、または高性能なPCやスマートフォンが必要です。人気のあるデバイスとして、オキュラスクエスト2やソニーのPlayStation VRが挙げられます。
  2. アカウントの作成: メタバースプラットフォームにアクセスするために、アカウントを作成します。例として、Meta(旧Facebook)のHorizon WorldsやRoblox、Second Lifeなどのプラットフォームがあります。
  3. アプリのインストール: 必要なアプリやソフトウェアをデバイスにインストールします。公式サイトやアプリストアからダウンロードが可能です。
  4. 初めてのログイン: アカウント情報を入力してログインし、基本的な設定やチュートリアルを完了します。ここで自分のアバターを作成し、仮想空間での活動を始めることができます。

質問2: メタバース内で安全に過ごすためにはどうすればよいですか?

メタバース内で安全に過ごすためには、以下のポイントに注意することが大切です。

  1. プライバシー設定の確認: プラットフォームごとに異なるプライバシー設定があるため、ログイン後に自分の情報がどのように扱われるかを確認し、必要に応じて設定を変更します。
  2. 個人情報の管理: メタバース内で他人と交流する際には、個人情報を不用意に共有しないようにしましょう。特に、住所や電話番号、クレジットカード情報などは厳重に管理する必要があります。
  3. 公式ガイドラインの遵守: 各プラットフォームには利用規約や行動規範が定められているため、これを遵守することでトラブルを未然に防ぐことができます。
  4. セキュリティソフトの導入: デバイスにセキュリティソフトをインストールし、ウイルスや不正アクセスから保護することも重要です。

質問3: メタバースでの経済活動にはどのような種類がありますか?

メタバース内での経済活動は多岐にわたります。以下に代表的なものを挙げます。

  1. 仮想通貨の取引: メタバース内では、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を使った取引が一般的です。これにより、デジタルアイテムやサービスを購入することができます。
  2. NFTの売買: NFT(非代替性トークン)は、デジタルアートやゲーム内アイテムなどの所有権を証明するもので、これを売買することで収益を得ることができます。例として、クリプトキティやアクシーインフィニティなどのゲームがあります。
  3. 仮想不動産の取引: メタバース内で土地や建物を購入し、賃貸や売買することも可能です。例えば、DecentralandやThe Sandboxなどのプラットフォームでは、仮想不動産が取引されています。
  4. 仮想店舗の運営: メタバース内に自分の店舗を構えて、デジタル商品やサービスを販売することができます。これにより、リアルなビジネスと同様に利益を上げることが可能です。

質問4: メタバースの利用はどのような業界に影響を与えるでしょうか?

メタバースの利用は、多くの業界に影響を与えることが予想されます。以下に代表的な業界を挙げます。

  1. エンターテイメント業界: メタバース内でのライブイベントやコンサート、映画上映などが増加し、新しいエンターテイメントの形が生まれるでしょう。例えば、Fortniteでは有名アーティストによる仮想コンサートが開催されています。
  2. 教育業界: 仮想教室や仮想実験室を通じて、遠隔地からでも質の高い教育を受けることができます。特に、実地研修が難しい分野での仮想トレーニングが効果的です。
  3. 医療業界: 仮想現実を活用したリハビリテーションや、遠隔医療の発展により、医療サービスの提供が向上します。例えば、仮想空間での手術シミュレーションが普及し、医師のトレーニングに役立ちます。
  4. 不動産業界: 仮想空間での不動産ツアーや仮想モデルルームの提供により、物件の魅力をより効果的に伝えることができます。これにより、購入者は現地に足を運ばずに物件を確認することが可能です。

質問5: メタバースはどのように進化していくのでしょうか?

メタバースは、今後ますます進化していくことが期待されています。以下のような進化が予想されます。

  1. インフラの整備: 5Gや6Gの普及により、高速で安定したネットワークが実現し、よりリアルな体験が可能になります。また、インターネット接続の普及率が向上することで、より多くの人々がメタバースを利用できるようになります。
  2. デバイスの進化: VRゴーグルやARグラスの進化により、より軽量で高性能なデバイスが登場し、長時間の使用でも疲れにくくなります。これにより、メタバースの利用がさらに広がるでしょう。
  3. AIの活用: AI技術の進化により、仮想空間内での対話や行動がより自然になり、ユーザーの好みや行動に応じたパーソナライズされた体験が提供されます。例えば、AIアバターがユーザーの代理として行動することが可能になるかもしれません。
  4. 新しいビジネスモデルの確立: メタバース内での広告や商品販売、サービス提供など、新しいビジネスモデルが確立されることで、企業や個人がメタバースを通じて収益を上げる機会が増えます。
  5. 社会的な認知度の向上: メタバースがより一般的なものとなり、社会的な認知度が向上することで、より多くの人々が仮想空間を活用するようになるでしょう。これにより、メタバースは私たちの生活やビジネスの一部として定着することが期待されます。

まとめと感想

メタバースは、現実世界とは異なる仮想空間で多様な体験を提供し、私たちの生活に新たな可能性をもたらします。その魅力は、オンラインゲームやエンターテイメント、教育、ビジネスなど幅広い分野に広がっています。しかし、技術的な課題やプライバシー、経済的なハードルも存在し、これらを乗り越えるための努力が必要です。

私自身の経験からも、メタバースの可能性は非常に大きいと感じています。特に、仮想会議やバーチャルイベントの実施により、物理的な距離を超えたコミュニケーションが実現しました。また、AIやブロックチェーン技術の進化により、メタバース内での体験はますます豊かになっています。

今後、5Gや6Gの普及、デバイスの進化、AIの活用により、メタバースはさらに進化していくでしょう。これにより、より多くの人々がメタバースを利用し、新たな価値を見出すことが期待されます。メタバースが私たちの生活やビジネスの一部として定着することで、新しい社会の形が生まれるかもしれません。

最後に、メタバースに関心を持つ全ての方々に向けて、この仮想空間の魅力と可能性を最大限に活用していただきたいと願っています。技術の進化とともに、メタバースの世界はますます広がり続けるでしょう。私も引き続き、この分野の研究を深め、皆さんに役立つ情報を提供していきます。

このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト

日本銀行
ホーム : 日本銀行 Bank of Japan
内閣官房
内閣官房ホームページ
内閣官房のホームページです。内閣の補助機関であるとともに内閣の首長たる内閣総理大臣を直接に補佐・支援しています。
経済産業省
経済産業省のWEBサイト (METI/経済産業省)
経済産業省のホームページです。経済産業省の組織、大臣会見、報道発表、政策、審議会・研究会、所管法令、予算・税制、統計、申請手続きなどに関する情報を掲載しています。
総務省
総務省
総務省の政策(行政運営の改善、地方行財政、選挙、消防防災、情報通信、郵政行政など)、組織情報、所管法令、報道資料、会議資料等を掲載しています。
財務省
財務省ホームページ
財務省トップページ
総務省
法務省
法務省の報道資料、会議資料等を掲載しています。
法務省
外務省ホームページ(日本語):トップページ
文部科学省
文部科学省
厚生労働省
ホーム|厚生労働省
厚生労働省の取り組んでいる政策情報、報道発表資料、統計情報、厚生労働白書について紹介しています。
農林水産省
農林水産省ホームページ
農林水産省ホームページ
国土交通省
国土交通省
国土交通省の任務、報道発表資料、政策、統計情報、申請・手続きに関する情報を掲載しています。
環境省
トップ
環境省のホームページです。環境省の政策、報道発表、審議会、所管法令、環境白書、各種手続などの情報を掲載しています。
防衛省
Just a moment...
金融庁
金融庁
金融庁の公式ウェブサイトです。金融庁の組織、報道発表、政策・審議会等、所管法令等に関する情報、広報誌「アクセスFSA」などを掲載しています。
中小企業庁
中小企業庁 / The Small and Medium Enterprise Agency
中小企業庁は、現在事業活動を行っている中小企業、これから事業を起こそうと思っている方々を、様々な角度から支援する対策を展開しております。
国税庁
国税庁
デジタル庁
404 デジタル庁
指定されたページまたはファイルは存在しません
財務省財務局
財務局ホームページ : 財務局
財務局ホームページ
Board of Governors of the Federal Reserve System(FRB)
Home
TheFederalReserveBoardofGovernorsinWashingtonDC.
政府広報オンライン
政府広報オンライン あしたの暮らしをわかりやすく
政府の広報・広聴活動をまとめたポータルサイト。内閣府大臣官房政府広報室が運営。
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫(略称:「日本公庫」)の公式ホームページ。民間金融機関の取組みを補完し、事業に取組む方々等を支援する政策金融機関です。
日本証券業協会
日本証券業協会
投資信託協会
投資信託協会 - 投資信託協会
公益財団法人 日本ユニセフ協会
SDGs CLUB |日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)
親子で学べるSDGs(持続可能な開発目標)サイト「SDGsCLUB(クラブ)」。各目標ごとにターゲットの子ども訳を読んだり、関連する課題をムービーやインフォグラフィックスで学ぶことができます。調べ学習や学校の授業にもご活用ください。
一般社団法人 全国銀行協会
一般社団法人 全国銀行協会
全国銀行協会(全銀協)のウェブサイトです。全銀協は、日本国内で活動している銀行を直接の会員とする組織で、わが国の銀行業界の代表として、銀行業の発展のためにさまざまな活動をしています。
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)
一般社団法人日本暗号資産取引業協会は、暗号資産交換業及び暗号資産関連デリバティブ取引業の自主規制団体であり、資金決済法に基づく「認定資金決済事業者協会」と金融商品取引法に基づく「認定金融商品取引業協会」を兼ねております。
国民生活センター
国民生活センター
・Wikipedia
Wikipedia
朝日新聞
朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト
朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境などの話題や写真も。
読売新聞
読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト
【読売新聞】読売新聞オンラインは読売新聞のニュース・情報サイト。社会、スポーツ、政治、経済、国際などの最新ニュースや教育、医療などの読み物、映像ニュースも充実。ポケモン、発言小町、クーポンやプレゼントも。2019年2月にYOMIURIONLINEからサイト名を変更しました。
毎日新聞
毎日新聞デジタル | 毎日新聞のニュースサイト
毎日新聞デジタルは毎日新聞のニュースサイト。政治、経済、国際、事件、話題、スポーツなどの速報、写真、動画を掲載しています。
日本経済新聞
日本経済新聞 - ニュース・速報 最新情報
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。
東洋経済
東洋経済オンライン
東洋経済が運営する日本最大級のビジネスニュースサイト。東洋経済オンラインはビジネス、経済ニュース、就職情報など、ビジネスパーソンのための情報が充実。
ウォール・ストリート・ジャーナル:WSJ
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 -ニュース-ビジネス-海外-経済-金融 - WSJ日本版-jp.wsj.com - Wsj.com
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、米国版の記事から厳選した金融・経済の情報を、日本の編集チームが翻訳・編集。これまで英語でしか読むことができなかった分析記事や鋭い論説を日本語で、リアルタイムにお届けします。
ロイター
ロイター |  経済、株価、ビジネス、国際、政治ニュース
世界の政治、経済、社会についての最新ニュースを、豊富なコンテンツと共に多面的に展開。エンタメ、スポーツに加え、世界の文化やライフスタイルについて注目の情報が満載です。
bloomberg:ブルームバーグ
Bloomberg.co.jp
世界の最新金融ニュース、マーケット情報、市場の分析や、マーケットデータ、金融情報をご提供しています。株式、投資信託から、世界各国の株価指数、金利/債券、商品先物など最新のマーケット情報を掲載。ブルームバーグ
ethereum.org
ホーム | ethereum.org
イーサリアムは、貨幣と新しい種類のアプリケーションのための包括的かつ分散化されたプラットフォームです。イーサリアム上では、貨幣を制御するコードを書いたり、世界のどこからでもアクセス可能なアプリケーションを構築できます。
野村証券
野村證券|資産運用のご相談、株式・投資信託・債券をはじめ資産運用コンサルティングの証券会社
国内最大級の総合証券、野村證券では、株式や債券をはじめとする豊富な取扱商品、相続や退職金の資産運用コンサルティング、役立つ投資情報、初めての投資のサポートなど、充実したサービスをご提供しています。
Goldman Sachs:ゴールドマン・サックス
Goldman Sachs
TheGoldmanSachsGroup,Inc.isaleadingglobalinvestmentbanking,securitiesandinvestmentmanagementfirmthatprovidesawiderangeoffinancialservicestoasubstantialanddivers...
JPモルガン
J.P. Morgan | Official Website
理化学研究所
理化学研究所
理化学研究所は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、計算科学、生物学、医科学などに及ぶ広い分野で研究を進めています。
AIST:産業技術総合研究所
AIST: 産業技術総合研究所
産総研は、技術の創出と実用化で社会課題の解決に取り組む、日本最大級の研究機関です。
NICT:情報通信研究機構
NICT-情報通信研究機構
国立情報学研究所
国立情報学研究所 / National Institute of Informatics
国立情報学研究所は、情報学という新しい研究分野での「未来価値創成」を目指すわが国唯一の学術総合研究所として、ネットワーク、ソフトウェア、コンテンツなどの情報関連分野の新しい理論・方法論から応用展開までの研究開発を総合的に推進しています。
国立環境研究所
国立環境研究所
国立研究開発法人 国立環境研究所(NIES)からの新着情報をお知らせします。国立環境研究所は今も未来も人びとが健やかに暮らせる環境をまもりはぐくむための研究によって広く社会に貢献します。
人工知能研究センター
ホーム | 人工知能研究センター
東京大学
東京大学
東京大学のオフィシャルサイトです。大学案内、学部・大学院等の紹介、研究活動、国際活動、入学案内等、東京大学の情報をご覧いただけます。
京都大学
京都大学
京都大学のオフィシャルサイトです。学部・大学院、研究所等の案内や、入試・入学案内、教育研究活動、キャンパスの最新情報など、京都大学に関する情報をご覧いただけます。
慶應義塾大学経済学部
慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科
慶應義塾大学経済学部の公式サイト。カリキュラムの紹介、教員紹介、研究紹介、就職実績紹介、三田・日吉キャンパス、入試情報など。
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所は21世紀の先端研究をリードする研究拠点として、未来へ貢献するために日々さまざまな研究活動を行っております。
Google
Google
世界中のあらゆる情報を検索するためのツールを提供しています。さまざまな検索機能を活用して、お探しの情報を見つけてください。
Microsoft
Microsoft – クラウド、コンピューター、アプリ & ゲーム
ご自宅やビジネスでご利用いただけるMicrosoft製品とサービスをご覧ください。Surface、Microsoft365、Xbox、Windows、Azureなどをご購入いただけます。ダウンロードやサポートもご用意しています。
Amazonジャパン
Amazon.co.jp
Meta
Meta | ソーシャルメタバース企業
Metaは、テクノロジーと没入感あふれるエクスペリエンスを通じて、人々、コミュニティ、ビジネスがつながってもっと多くのことを成し遂げられるよう支援します。
Apple
Apple
革新に満ちたAppleの世界へようこそ。AppleのウェブサイトではiPhoneからiPad、AppleWatch、Mac、AppleTVまで、すべての製品の購入ができます。アクセサリやエンターテインメントを探す時も、専任スペシャリストによるデバイスのサポートが必要な時もこのサイトでどうぞ。
テスラ:Tesla
https://www.tesla.com/ja_jp
NDIVIA
AI コンピューティングで世界をリードする
NVIDIAは世界最速のスーパーコンピューターと世界最大のゲーミングプラットフォームを開発しています。
Intel
インテル | データセンター・ソリューション、IoT、PC イノベーション
クラウド・コンピューティング、データセンター、IoT、PCソリューションにおけるインテルのイノベーションが、日常のスマート・コネクテッドなデジタル環境を支えています。
NTT:日本電信電話株式会社
NTT / NTTグループ | 日本電信電話株式会社
NTTグループ公式ホームページ。ドコモ、東日本、西日本、データ等の国内、グローバル、持株会社を含むNTTグループ全体のビジョン、経営戦略、サステナビリティ、研究開発の最新技術、災害対策、社会貢献活動、ニュースリリース、投資家情報(IR情報)や各種レポートなどをご覧いただけます。
富士通
富士通 | Fujitsu Limited
OurPurpose:わたしたちのパーパスは、イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくことです。
株式会社サイバーエージェント
株式会社サイバーエージェント
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、新しい未来のテレビ「ABEMA」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。
電通
電通ウェブサイト
株式会社電通のウェブサイトです。会社や事業の概要、採用関連情報、サステナビリティへの取り組みなどをご紹介いたします。
ソフトバンクグループ
ソフトバンク
ソフトバンクの公式ホームページです。スマートフォン、携帯電話をはじめ、インターネット、固定電話、でんき、ロボットなどライフスタイルを豊かにする各種サービスやソフトバンクショップ、サポート、企業・IR情報などをご紹介します。
株式会社 ファーストリテイリング
株式会社 ファーストリテイリング
IBM
日本IBM
IBMは、あらゆるお客様の目標達成に向けた取り組みを支援し、世界にとって重要なイノベーションを1世紀以上にわたり生み出してきました。
野村総合研究所:NRI
NRI 野村総合研究所
野村総合研究所(NRI)の公式ホームページです。NRIからの提言や調査・レポート、商品サービス、ITソリューション事例、IR情報、採用情報、サステナビリティ情報などを掲載しています。
三菱総合研究所:MRI
三菱総合研究所(MRI)
三菱総合研究所(MRI)グループは、総合シンクタンクとして、経済・経営、政策・科学技術などの研究・提言から、分析・構想、設計・実証、そして社会実装まで、幅広い価値を提供しています。豊かで持続可能な未来の共創を使命として、社会課題を解決し、社会の変革を先駆けてまいります。
bitFlyer
https://bitflyer.com/ja-jp/
ブロックチェーン推進協会:BCCC
BCCC - ブロックチェーン推進協会
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会
JBA | 一般社団法人 日本ブロックチェーン協会 | Japan Blockchain Association
ブロックチェーン技術の健全な普及、発展に貢献するために2014年に設立された業界団体です。日本の業界をリードするブロックチェーン開発企業やスタートアップ、大企業、地方自治体など多様なメンバーが会員になっています。
OpenAI
OpenAI
IntroducingSora:Creatingvideofromtext
このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト
引用・参照元リンク集
タイトルとURLをコピーしました