【脱炭素化・カーボンニュートラルのすべて】歴史・現状・未来・課題を徹底解説!

ホーム » サステナビリティ » 【脱炭素化・カーボンニュートラルのすべて】歴史・現状・未来・課題を徹底解説!
まりか | 【近未来ブログ】DXのすこし先へ

【著者名】"まりか"

神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。

外資系大手証券会社で、アナリストとして海外情勢やブロックチェーン技術についての調査・コンサルタント業務に従事。
5年間の業務の後に、AI・ブロックチェーンのベンチャー企業に「マーケティング責任者(CMO)」として参画。

Web3.0、仮想通貨、AI活用などのマーケティング業務を行う。2年前に独立・起業。現在は、在宅で中小企業向け「DXコンサルタント」をしながら、黒猫とのんびり暮らしています。

このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト
引用・参照元リンク集

まりか
まりか

この記事の要約です♫

脱炭素化とカーボンニュートラルについての歴史、現状、未来、課題を徹底解説!具体的な事例やよくある質問を通じて、初心者にも分かりやすく解説します。持続可能な未来のために、私たちができることを一緒に考えましょう。

こんにちは、まりかです。私たちの生活において、環境問題は避けて通れない大きなテーマです。特に「脱炭素化」や「カーボンニュートラル」という言葉を聞く機会が増えてきました。これらの概念は、地球温暖化を防ぎ、持続可能な社会を実現するために非常に重要です。しかし、具体的に何を指しているのか、どのように達成するのか、まだまだ分かりにくいと感じる方も多いでしょう。

そこで今回は、脱炭素化とカーボンニュートラルについて、初心者の方でも理解しやすいように、歴史から現状、未来の展望、そしてその課題までを丁寧に解説します。私の経験や知識をもとに、具体的な事例や数値を交えながら、わかりやすくお伝えしていきます。

脱炭素化とカーボンニュートラルの取り組みが、どのように私たちの生活に影響を与えるのか、そしてどのように私たちがその実現に貢献できるのか、一緒に考えていきましょう。それでは、さっそく始めていきましょう。

第一部:脱炭素化とカーボンニュートラルの基礎知識

脱炭素化とは?

まずは「脱炭素化」という言葉から説明します。脱炭素化とは、文字通り「炭素を取り除く」ことを指します。具体的には、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出を削減し、できるだけ排出をゼロにすることを目指す取り組みです。この動きは、地球温暖化を防ぎ、地球環境を守るために必要不可欠です。

カーボンニュートラルとは?

次に「カーボンニュートラル」について説明します。カーボンニュートラルとは、CO2の排出量と吸収量が相殺され、実質的にゼロになる状態を指します。例えば、ある工場がCO2を排出している一方で、植林活動や炭素吸収技術を活用して同量のCO2を吸収すれば、その工場はカーボンニュートラルとみなされます。

歴史的背景

脱炭素化とカーボンニュートラルの取り組みは、20世紀後半から徐々に注目され始めました。特に1997年に採択された「京都議定書」は、温室効果ガスの削減目標を国際的に設定した初めての条約として重要な役割を果たしました。その後、2015年に採択された「パリ協定」により、世界各国が気候変動対策を強化し、温室効果ガスの排出を大幅に削減する目標が設定されました。

現在の状況

現在、多くの国や企業が脱炭素化とカーボンニュートラルの目標を掲げています。例えば、日本では「2050年までにカーボンニュートラルを実現する」という目標が掲げられています。これに伴い、再生可能エネルギーの導入やエネルギー効率の向上、炭素吸収技術の開発など、様々な取り組みが進められています。

具体的な事例

いくつかの具体的な事例を見てみましょう。例えば、トヨタ自動車は、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)の普及を推進し、CO2の排出を削減しています。また、ソニーは再生可能エネルギーの利用を拡大し、自社のカーボンニュートラルを目指しています。さらに、Googleはすでに自社の全データセンターで100%再生可能エネルギーを使用しており、カーボンニュートラルの達成に成功しています。

私の経験と所感

私自身、外資系大手証券会社でアナリストとして働いていた際に、世界各国の脱炭素化の取り組みを調査しました。その中で感じたのは、技術の進歩や政策の変化によって、脱炭素化が急速に進んでいることです。特に再生可能エネルギーのコストが低下し、普及が加速している点には驚かされました。

まとめ

脱炭素化とカーボンニュートラルは、地球環境を守るために欠かせない取り組みです。歴史的背景を理解し、現在の状況や具体的な事例を知ることで、私たち一人ひとりがどのように貢献できるかを考えることが重要です。次の章では、具体的な技術や取り組みについてさらに詳しく見ていきましょう。

第二部:脱炭素化とカーボンニュートラルを実現するための技術と取り組み

再生可能エネルギーの利用

脱炭素化の中心的な役割を果たすのが再生可能エネルギーの利用です。再生可能エネルギーには、太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電などがあります。これらのエネルギー源は、CO2を排出せず、持続可能な形でエネルギーを供給します。

例えば、ソフトバンクは、太陽光発電所を国内外に展開し、再生可能エネルギーの普及を推進しています。また、楽天は、風力発電を活用し、自社のエネルギー消費の一部を再生可能エネルギーでまかなっています。再生可能エネルギーの利用拡大は、脱炭素化の重要な一歩です。

エネルギー効率の向上

エネルギー効率を向上させることも、脱炭素化に貢献する重要な取り組みです。エネルギー効率とは、同じ量のエネルギーでより多くの仕事をこなす能力を指します。具体的には、省エネ家電の普及や、建物の断熱性能の向上、産業機械の効率化などが挙げられます。

例えば、パナソニックは、省エネ性能の高い家電製品を開発・販売しており、これにより家庭でのエネルギー消費を削減しています。また、積水ハウスは、高断熱・高気密の住宅を提供し、建物のエネルギー効率を高めています。

炭素吸収技術

炭素吸収技術は、排出されたCO2を回収し、再利用または安全に貯蔵する技術です。この技術は「カーボンキャプチャー・アンド・ストレージ(CCS)」とも呼ばれます。CCSは、発電所や工場などから排出されるCO2を直接回収し、地下に貯蔵することで、大気中への排出を防ぎます。

例えば、三菱重工業は、CO2回収プラントの開発に取り組んでおり、既にいくつかの実用化事例があります。さらに、シェルは、世界各地でCCSプロジェクトを展開し、大規模なCO2回収・貯蔵を実現しています。

スマートグリッドの導入

スマートグリッドは、電力の供給と消費を効率的に管理するための高度な電力網です。これにより、電力の需要と供給のバランスを最適化し、無駄なエネルギー消費を削減できます。スマートメーターや分散型エネルギーリソース(DER)などの技術が導入され、エネルギーの効率的な利用が進んでいます。

例えば、東京電力はスマートメーターの設置を進めており、家庭や企業の電力消費データをリアルタイムで管理・分析しています。これにより、消費者は自身のエネルギー消費を最適化し、無駄なエネルギーを減らすことができます。

自然エネルギーの活用

自然エネルギーの活用も、脱炭素化において重要な役割を果たします。自然エネルギーには、バイオマスエネルギーや潮力発電などがあります。これらのエネルギー源は、再生可能であり、持続可能な形でエネルギーを供給します。

例えば、日本では、バイオマスエネルギーの利用が進んでおり、木材や農業残渣などを利用してエネルギーを生産しています。また、イギリスでは、潮力発電のプロジェクトが進行中で、海洋エネルギーを活用した新しい発電方法が模索されています。

企業の取り組み

多くの企業が、脱炭素化とカーボンニュートラルの目標に向けた取り組みを強化しています。例えば、日産自動車は、電気自動車「リーフ」の開発・販売を通じて、CO2排出の削減に貢献しています。また、ユニクロは、サプライチェーン全体でのエネルギー効率の向上を目指し、再生可能エネルギーの利用を拡大しています。

私の経験と所感

私自身、AI・ブロックチェーンのベンチャー企業でマーケティング責任者を務めていた際、エネルギー効率の向上や再生可能エネルギーの利用に関するプロジェクトに関わりました。その中で感じたのは、技術の進化とともに、これらの取り組みが急速に進んでいることです。特に、スマートグリッドやCCSのような先進技術が、脱炭素化の実現に大きく寄与していると実感しました。

まとめ

脱炭素化とカーボンニュートラルを実現するためには、再生可能エネルギーの利用、エネルギー効率の向上、炭素吸収技術、スマートグリッドの導入、自然エネルギーの活用など、様々な技術と取り組みが必要です。次の章では、これらの取り組みがどのように社会全体に影響を与えるのか、さらに詳しく見ていきましょう。

第三部:脱炭素化とカーボンニュートラルの社会的影響

経済的影響

脱炭素化とカーボンニュートラルの取り組みは、経済にも大きな影響を与えます。再生可能エネルギーや省エネルギー技術への投資が増えることで、新たな産業や雇用が生まれます。例えば、太陽光発電や風力発電の導入に伴い、多くの労働者が必要とされるため、新しい雇用機会が増加します。

また、エネルギー効率の向上により、企業や家庭のエネルギーコストが削減され、経済全体の効率が向上します。例えば、再生可能エネルギーを利用する企業は、長期的にエネルギーコストを抑えることができるため、競争力を高めることができます。

環境的影響

脱炭素化とカーボンニュートラルの取り組みは、環境にも大きな影響を与えます。温室効果ガスの排出が削減されることで、地球温暖化の進行が遅くなり、気候変動による影響が緩和されます。これにより、異常気象の発生頻度が減少し、生態系の保護にも寄与します。

例えば、CO2排出量の削減により、海洋の酸性化が緩和され、サンゴ礁の保護や漁業資源の安定が期待されます。また、大気汚染の減少により、都市部の空気の質が改善され、健康被害のリスクが低減します。

社会的影響

脱炭素化とカーボンニュートラルの取り組みは、社会全体にも影響を与えます。エネルギーの安定供給が確保されることで、エネルギー安全保障が向上します。これにより、エネルギー供給の不安定さから生じるリスクが低減され、社会全体の安定性が高まります。

また、脱炭素化の取り組みは、持続可能な社会の実現にも寄与します。再生可能エネルギーの普及やエネルギー効率の向上により、資源の有効活用が進み、環境負荷が低減されます。これにより、次世代により良い環境を引き継ぐことが可能になります。

具体的な事例

具体的な事例として、デンマークの取り組みを挙げます。デンマークは、再生可能エネルギーの利用を積極的に推進しており、風力発電の普及が進んでいます。現在、デンマークの電力供給の約50%が風力発電によって賄われており、カーボンニュートラルの達成に向けたモデルケースとなっています。

日本でも、再生可能エネルギーの利用が進んでいます。例えば、福島県では、東日本大震災後に再生可能エネルギーの導入が加速し、太陽光発電や風力発電の施設が増加しています。これにより、地域のエネルギー自給率が向上し、経済の活性化にもつながっています。

私の経験と所感

私自身、フリーランスのDXコンサルタントとして、企業の脱炭素化戦略の策定に関わることが多くあります。その中で感じるのは、脱炭素化の取り組みが単に環境保護に留まらず、経済的なメリットや社会的な安定性の向上にもつながるということです。

特に印象的だったのは、ある製造業のクライアントが、エネルギー効率の向上と再生可能エネルギーの利用を推進することで、コスト削減と環境負荷の低減を同時に実現した事例です。このような成功事例を通じて、脱炭素化の取り組みが広がることを期待しています。

まとめ

脱炭素化とカーボンニュートラルの取り組みは、経済、環境、社会の各分野に大きな影響を与えます。新たな産業や雇用の創出、環境保護、社会の安定化など、多くのメリットがあります。次の章では、これらの取り組みを進めるための課題とその解決策について詳しく見ていきましょう。

第四部:脱炭素化とカーボンニュートラルに向けた課題と解決策

技術的な課題

脱炭素化とカーボンニュートラルの達成には、多くの技術的な課題があります。再生可能エネルギーの普及には、安定したエネルギー供給が難しいという問題があります。例えば、太陽光発電や風力発電は、天候に大きく依存するため、エネルギー供給が不安定になることがあります。

また、炭素吸収技術(CCS)のコストや効率の問題も重要です。CCSの導入には高額な費用がかかり、CO2の回収・貯蔵のプロセスが効率的に行われる必要があります。これらの技術的課題を解決するためには、継続的な研究開発と技術革新が不可欠です。

経済的な課題

脱炭素化とカーボンニュートラルの取り組みには、経済的な課題も多く存在します。再生可能エネルギーの導入やエネルギー効率の向上には、多額の初期投資が必要です。企業や家庭がこれらの投資を行うためには、経済的なインセンティブや補助金などの支援が求められます。

また、脱炭素化の過程で一部の産業や労働者が影響を受ける可能性もあります。例えば、化石燃料産業に従事する労働者は、新たな雇用機会を見つける必要があります。このような経済的課題に対処するためには、適切な政策や支援策が重要です。

社会的な課題

脱炭素化とカーボンニュートラルの達成には、社会的な課題もあります。エネルギー転換の過程で、地域社会や住民に対する影響を考慮する必要があります。例えば、再生可能エネルギーの施設建設に伴う土地利用の問題や、地域住民の合意形成が求められます。

また、一般市民の理解と協力も重要です。脱炭素化の取り組みが広く受け入れられ、実際に行動に移されるためには、教育や啓発活動が不可欠です。市民がエネルギー効率の高い製品を選び、再生可能エネルギーを利用することが重要です。

解決策

これらの課題に対する解決策として、以下のような取り組みが考えられます。

技術革新と研究開発

技術的な課題を克服するためには、再生可能エネルギーや炭素吸収技術の研究開発を継続的に進めることが重要です。政府や企業、研究機関が連携し、新しい技術の開発と実用化を推進することが求められます。

経済的支援と政策

経済的な課題に対処するためには、政府の支援が不可欠です。再生可能エネルギーの導入やエネルギー効率の向上を促進するための補助金や税制優遇措置を導入することが有効です。また、影響を受ける産業や労働者に対する再訓練や再就職支援も重要です。

社会的な合意形成と啓発活動

社会的な課題に対処するためには、地域社会や住民との対話が重要です。再生可能エネルギーの施設建設に伴う問題を解決するためには、地域住民との協力と合意形成が不可欠です。また、市民の理解と協力を得るためには、教育や啓発活動が重要です。学校やコミュニティでの教育プログラムや、メディアを通じた情報発信が有効です。

具体的な事例

具体的な事例として、ドイツの「エネルギー転換(Energiewende)」が挙げられます。ドイツは、再生可能エネルギーの普及と脱炭素化を推進するために、政府の積極的な支援と政策を実施しています。例えば、再生可能エネルギーの導入を促進するための補助金や、エネルギー効率の高い建物の建設を奨励する政策が実施されています。

また、日本でも、再生可能エネルギーの導入が進んでいます。例えば、九州電力は、太陽光発電や風力発電の施設を拡充し、地域のエネルギー自給率を高めています。これにより、地域経済の活性化と脱炭素化の両立が図られています。

私の経験と所感

私自身、フリーランスのDXコンサルタントとして、企業や自治体の脱炭素化戦略の策定に関わることが多くあります。その中で感じるのは、技術革新や政策支援の重要性です。特に、技術的な課題を克服するためには、継続的な研究開発と実用化が必要です。また、経済的な支援や社会的な合意形成も不可欠です。

まとめ

脱炭素化とカーボンニュートラルの達成には、多くの技術的、経済的、社会的課題があります。しかし、これらの課題に対する適切な解決策を講じることで、持続可能な社会の実現が可能です。次の章では、よくある質問に答える形で、さらに詳細な情報を提供します。

よくある質問

Q1: 脱炭素化とカーボンニュートラルの違いは何ですか?

A1: 脱炭素化とは、二酸化炭素(CO2)を排出しない、または極力減らす取り組みを指します。例えば、化石燃料の使用を減らし、再生可能エネルギーを利用することが脱炭素化の一例です。一方、カーボンニュートラルとは、排出されたCO2の量を相殺することを意味します。つまり、排出したCO2を吸収する活動(植林や炭素吸収技術など)を通じて、実質的なCO2排出量をゼロにすることです。カーボンニュートラルは、脱炭素化の取り組みの一環として位置づけられることが多いです。

Q2: 日本政府が推進している具体的な脱炭素化政策は何ですか?

A2: 日本政府は、2030年までにCO2排出量を2013年比で46%削減する目標を掲げています。これに向けて、以下のような具体的な政策を推進しています。

  • 再生可能エネルギーの拡充: 太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電の導入を推進し、再生可能エネルギーの割合を高める。
  • 省エネルギー技術の普及: エネルギー効率の高い家電や設備の普及を促進し、エネルギー消費量を削減する。
  • CCS(炭素捕捉・貯留技術)の導入: 工場や発電所から排出されるCO2を捕捉し、地下に貯留する技術を推進する。

これらの政策を通じて、日本全体のCO2排出量を削減することを目指しています。

Q3: 脱炭素化の取り組みで注目されている企業や製品はありますか?

A3: 多くの企業が脱炭素化の取り組みを進めており、注目されています。例えば、トヨタ自動車は、燃料電池車(FCV)「ミライ」を開発し、CO2排出ゼロの自動車を市場に提供しています。また、パナソニックは、省エネルギー型の家電製品を多数開発し、家庭でのエネルギー消費を削減する取り組みを行っています。

さらに、再生可能エネルギーの分野では、イーレックスやJパワーなどの企業が風力発電や太陽光発電のプロジェクトを積極的に進めています。これらの企業や製品は、脱炭素化の一環として注目されています。

Q4: 個人が脱炭素化に貢献するためにできることは何ですか?

A4: 個人が脱炭素化に貢献するためにできることはいくつかあります。

  • エネルギー効率の高い家電製品を選ぶ: 省エネルギー型の家電を使用することで、家庭のエネルギー消費を削減できます。
  • 再生可能エネルギーの利用: 太陽光発電システムを導入し、自宅で再生可能エネルギーを利用する。
  • 公共交通機関の利用: 自動車の利用を減らし、電車やバスなどの公共交通機関を利用することで、CO2排出を減らすことができます。
  • 食生活の見直し: 地元産の食材を選び、輸送距離を短くすることで、CO2排出を減らすことができます。

これらの行動を通じて、個人も脱炭素化に貢献することができます。

Q5: 脱炭素化の取り組みが進むことで、生活にどんな変化が起きますか?

A5: 脱炭素化の取り組みが進むことで、以下のような生活の変化が予想されます。

  • エネルギーコストの低減: 再生可能エネルギーの利用が進むことで、長期的にはエネルギーコストが低減し、家庭の電気代が安くなる可能性があります。
  • 健康への影響: 大気汚染が減少することで、呼吸器系の病気やアレルギーのリスクが低減し、健康的な生活が送れるようになります。
  • 新たな技術の普及: 脱炭素化に伴い、新しいエネルギー技術や省エネルギー技術が普及し、生活の質が向上することが期待されます。

これらの変化を通じて、より持続可能で快適な生活が実現されるでしょう。

まとめと感想

脱炭素化とカーボンニュートラルの取り組みは、技術的、経済的、社会的課題を乗り越える必要がありますが、そのメリットは非常に大きいです。私たち一人ひとりが意識を持ち、具体的な行動を取ることで、持続可能な社会の実現に寄与できます。今回のブログを通じて、脱炭素化とカーボンニュートラルについての理解が深まり、日常生活に取り入れるヒントが得られたことを願っています。

このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト

日本銀行
ホーム : 日本銀行 Bank of Japan
内閣官房
内閣官房ホームページ
内閣官房のホームページです。内閣の補助機関であるとともに内閣の首長たる内閣総理大臣を直接に補佐・支援しています。
経済産業省
経済産業省のWEBサイト (METI/経済産業省)
経済産業省のホームページです。経済産業省の組織、大臣会見、報道発表、政策、審議会・研究会、所管法令、予算・税制、統計、申請手続きなどに関する情報を掲載しています。
総務省
総務省
総務省の政策(行政運営の改善、地方行財政、選挙、消防防災、情報通信、郵政行政など)、組織情報、所管法令、報道資料、会議資料等を掲載しています。
財務省
財務省ホームページ
財務省トップページ
総務省
法務省
法務省の報道資料、会議資料等を掲載しています。
法務省
外務省ホームページ(日本語):トップページ
文部科学省
文部科学省
厚生労働省
ホーム|厚生労働省
厚生労働省の取り組んでいる政策情報、報道発表資料、統計情報、厚生労働白書について紹介しています。
農林水産省
農林水産省ホームページ
農林水産省ホームページ
国土交通省
国土交通省
国土交通省の任務、報道発表資料、政策、統計情報、申請・手続きに関する情報を掲載しています。
環境省
トップ
環境省のホームページです。環境省の政策、報道発表、審議会、所管法令、環境白書、各種手続などの情報を掲載しています。
防衛省
Just a moment...
金融庁
金融庁
金融庁の公式ウェブサイトです。金融庁の組織、報道発表、政策・審議会等、所管法令等に関する情報、広報誌「アクセスFSA」などを掲載しています。
中小企業庁
中小企業庁 / The Small and Medium Enterprise Agency
中小企業庁は、現在事業活動を行っている中小企業、これから事業を起こそうと思っている方々を、様々な角度から支援する対策を展開しております。
国税庁
国税庁
デジタル庁
404 デジタル庁
指定されたページまたはファイルは存在しません
財務省財務局
財務局ホームページ : 財務局
財務局ホームページ
Board of Governors of the Federal Reserve System(FRB)
Home
TheFederalReserveBoardofGovernorsinWashingtonDC.
政府広報オンライン
政府広報オンライン あしたの暮らしをわかりやすく
政府の広報・広聴活動をまとめたポータルサイト。内閣府大臣官房政府広報室が運営。
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫
日本政策金融公庫(略称:「日本公庫」)の公式ホームページ。民間金融機関の取組みを補完し、事業に取組む方々等を支援する政策金融機関です。
日本証券業協会
日本証券業協会
投資信託協会
投資信託協会 - 投資信託協会
公益財団法人 日本ユニセフ協会
SDGs CLUB |日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)
親子で学べるSDGs(持続可能な開発目標)サイト「SDGsCLUB(クラブ)」。各目標ごとにターゲットの子ども訳を読んだり、関連する課題をムービーやインフォグラフィックスで学ぶことができます。調べ学習や学校の授業にもご活用ください。
一般社団法人 全国銀行協会
一般社団法人 全国銀行協会
全国銀行協会(全銀協)のウェブサイトです。全銀協は、日本国内で活動している銀行を直接の会員とする組織で、わが国の銀行業界の代表として、銀行業の発展のためにさまざまな活動をしています。
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)
一般社団法人日本暗号資産取引業協会は、暗号資産交換業及び暗号資産関連デリバティブ取引業の自主規制団体であり、資金決済法に基づく「認定資金決済事業者協会」と金融商品取引法に基づく「認定金融商品取引業協会」を兼ねております。
国民生活センター
国民生活センター
・Wikipedia
Wikipedia
朝日新聞
朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト
朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境などの話題や写真も。
読売新聞
読売新聞オンライン : ニュース&お得サイト
【読売新聞】読売新聞オンラインは読売新聞のニュース・情報サイト。社会、スポーツ、政治、経済、国際などの最新ニュースや教育、医療などの読み物、映像ニュースも充実。ポケモン、発言小町、クーポンやプレゼントも。2019年2月にYOMIURIONLINEからサイト名を変更しました。
毎日新聞
毎日新聞デジタル | 毎日新聞のニュースサイト
毎日新聞デジタルは毎日新聞のニュースサイト。政治、経済、国際、事件、話題、スポーツなどの速報、写真、動画を掲載しています。
日本経済新聞
日本経済新聞 - ニュース・速報 最新情報
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。
東洋経済
東洋経済オンライン
東洋経済が運営する日本最大級のビジネスニュースサイト。東洋経済オンラインはビジネス、経済ニュース、就職情報など、ビジネスパーソンのための情報が充実。
ウォール・ストリート・ジャーナル:WSJ
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 -ニュース-ビジネス-海外-経済-金融 - WSJ日本版-jp.wsj.com - Wsj.com
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は、米国版の記事から厳選した金融・経済の情報を、日本の編集チームが翻訳・編集。これまで英語でしか読むことができなかった分析記事や鋭い論説を日本語で、リアルタイムにお届けします。
ロイター
ロイター |  経済、株価、ビジネス、国際、政治ニュース
世界の政治、経済、社会についての最新ニュースを、豊富なコンテンツと共に多面的に展開。エンタメ、スポーツに加え、世界の文化やライフスタイルについて注目の情報が満載です。
bloomberg:ブルームバーグ
Bloomberg.co.jp
世界の最新金融ニュース、マーケット情報、市場の分析や、マーケットデータ、金融情報をご提供しています。株式、投資信託から、世界各国の株価指数、金利/債券、商品先物など最新のマーケット情報を掲載。ブルームバーグ
ethereum.org
ホーム | ethereum.org
イーサリアムは、貨幣と新しい種類のアプリケーションのための包括的かつ分散化されたプラットフォームです。イーサリアム上では、貨幣を制御するコードを書いたり、世界のどこからでもアクセス可能なアプリケーションを構築できます。
野村証券
野村證券|資産運用のご相談、株式・投資信託・債券をはじめ資産運用コンサルティングの証券会社
国内最大級の総合証券、野村證券では、株式や債券をはじめとする豊富な取扱商品、相続や退職金の資産運用コンサルティング、役立つ投資情報、初めての投資のサポートなど、充実したサービスをご提供しています。
Goldman Sachs:ゴールドマン・サックス
Goldman Sachs
TheGoldmanSachsGroup,Inc.isaleadingglobalinvestmentbanking,securitiesandinvestmentmanagementfirmthatprovidesawiderangeoffinancialservicestoasubstantialanddivers...
JPモルガン
J.P. Morgan | Official Website
理化学研究所
理化学研究所
理化学研究所は、日本で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、計算科学、生物学、医科学などに及ぶ広い分野で研究を進めています。
AIST:産業技術総合研究所
AIST: 産業技術総合研究所
産総研は、技術の創出と実用化で社会課題の解決に取り組む、日本最大級の研究機関です。
NICT:情報通信研究機構
NICT-情報通信研究機構
国立情報学研究所
国立情報学研究所 / National Institute of Informatics
国立情報学研究所は、情報学という新しい研究分野での「未来価値創成」を目指すわが国唯一の学術総合研究所として、ネットワーク、ソフトウェア、コンテンツなどの情報関連分野の新しい理論・方法論から応用展開までの研究開発を総合的に推進しています。
国立環境研究所
国立環境研究所
国立研究開発法人 国立環境研究所(NIES)からの新着情報をお知らせします。国立環境研究所は今も未来も人びとが健やかに暮らせる環境をまもりはぐくむための研究によって広く社会に貢献します。
人工知能研究センター
ホーム | 人工知能研究センター
東京大学
東京大学
東京大学のオフィシャルサイトです。大学案内、学部・大学院等の紹介、研究活動、国際活動、入学案内等、東京大学の情報をご覧いただけます。
京都大学
京都大学
京都大学のオフィシャルサイトです。学部・大学院、研究所等の案内や、入試・入学案内、教育研究活動、キャンパスの最新情報など、京都大学に関する情報をご覧いただけます。
慶應義塾大学経済学部
慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科
慶應義塾大学経済学部の公式サイト。カリキュラムの紹介、教員紹介、研究紹介、就職実績紹介、三田・日吉キャンパス、入試情報など。
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所
慶應義塾大学SFC研究所は21世紀の先端研究をリードする研究拠点として、未来へ貢献するために日々さまざまな研究活動を行っております。
Google
Google
世界中のあらゆる情報を検索するためのツールを提供しています。さまざまな検索機能を活用して、お探しの情報を見つけてください。
Microsoft
Microsoft – クラウド、コンピューター、アプリ & ゲーム
ご自宅やビジネスでご利用いただけるMicrosoft製品とサービスをご覧ください。Surface、Microsoft365、Xbox、Windows、Azureなどをご購入いただけます。ダウンロードやサポートもご用意しています。
Amazonジャパン
Amazon.co.jp
Meta
Meta | ソーシャルメタバース企業
Metaは、テクノロジーと没入感あふれるエクスペリエンスを通じて、人々、コミュニティ、ビジネスがつながってもっと多くのことを成し遂げられるよう支援します。
Apple
Apple
革新に満ちたAppleの世界へようこそ。AppleのウェブサイトではiPhoneからiPad、AppleWatch、Mac、AppleTVまで、すべての製品の購入ができます。アクセサリやエンターテインメントを探す時も、専任スペシャリストによるデバイスのサポートが必要な時もこのサイトでどうぞ。
テスラ:Tesla
https://www.tesla.com/ja_jp
NDIVIA
AI コンピューティングで世界をリードする
NVIDIAは世界最速のスーパーコンピューターと世界最大のゲーミングプラットフォームを開発しています。
Intel
インテル | データセンター・ソリューション、IoT、PC イノベーション
クラウド・コンピューティング、データセンター、IoT、PCソリューションにおけるインテルのイノベーションが、日常のスマート・コネクテッドなデジタル環境を支えています。
NTT:日本電信電話株式会社
NTT / NTTグループ | 日本電信電話株式会社
NTTグループ公式ホームページ。ドコモ、東日本、西日本、データ等の国内、グローバル、持株会社を含むNTTグループ全体のビジョン、経営戦略、サステナビリティ、研究開発の最新技術、災害対策、社会貢献活動、ニュースリリース、投資家情報(IR情報)や各種レポートなどをご覧いただけます。
富士通
富士通 | Fujitsu Limited
OurPurpose:わたしたちのパーパスは、イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくことです。
株式会社サイバーエージェント
株式会社サイバーエージェント
サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、新しい未来のテレビ「ABEMA」の運営や国内トップシェアを誇るインターネット広告事業を展開しています。インターネット産業の変化に合わせ新規事業を生み出しながら事業拡大を続けています。
電通
電通ウェブサイト
株式会社電通のウェブサイトです。会社や事業の概要、採用関連情報、サステナビリティへの取り組みなどをご紹介いたします。
ソフトバンクグループ
ソフトバンク
ソフトバンクの公式ホームページです。スマートフォン、携帯電話をはじめ、インターネット、固定電話、でんき、ロボットなどライフスタイルを豊かにする各種サービスやソフトバンクショップ、サポート、企業・IR情報などをご紹介します。
株式会社 ファーストリテイリング
株式会社 ファーストリテイリング
IBM
日本IBM
IBMは、あらゆるお客様の目標達成に向けた取り組みを支援し、世界にとって重要なイノベーションを1世紀以上にわたり生み出してきました。
野村総合研究所:NRI
NRI 野村総合研究所
野村総合研究所(NRI)の公式ホームページです。NRIからの提言や調査・レポート、商品サービス、ITソリューション事例、IR情報、採用情報、サステナビリティ情報などを掲載しています。
三菱総合研究所:MRI
三菱総合研究所(MRI)
三菱総合研究所(MRI)グループは、総合シンクタンクとして、経済・経営、政策・科学技術などの研究・提言から、分析・構想、設計・実証、そして社会実装まで、幅広い価値を提供しています。豊かで持続可能な未来の共創を使命として、社会課題を解決し、社会の変革を先駆けてまいります。
bitFlyer
https://bitflyer.com/ja-jp/
ブロックチェーン推進協会:BCCC
BCCC - ブロックチェーン推進協会
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会
JBA | 一般社団法人 日本ブロックチェーン協会 | Japan Blockchain Association
ブロックチェーン技術の健全な普及、発展に貢献するために2014年に設立された業界団体です。日本の業界をリードするブロックチェーン開発企業やスタートアップ、大企業、地方自治体など多様なメンバーが会員になっています。
OpenAI
OpenAI
IntroducingSora:Creatingvideofromtext
このブログを執筆するにあたり参考・参照・引用したWebサイト
引用・参照元リンク集
タイトルとURLをコピーしました